へこんだ車

自動車関連コラム

車のへこみの修理費用はいくらかかる?修理費用を抑える方法もご紹介

大切な愛車がへこんでしまったら、すぐに修理したいですよね。しかし、車のへこみ修理の費用の相場が分からず、躊躇してしまっている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、車のへこみ修理にかかる費用の相場や、へこみ修理の費用を少しでも安く抑える方法自分でへこみ修理をする方法などについて解説していきます。車のへこみでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

廃車手続きはカーネクストに全てお任せしちゃいましょ

へこみ修理の費用相場は?

車のへこみ修理にかかる費用は、へこんでしまった部位へこみの程度修理に必要な工程などによって異なり、国産車と外国車の間にも大きな差があります。また、へこみを目立たなくさせる程度に修理するのか、元の形に完璧に戻すレベルまで修理するのかによっても、修理費用は大きく異なります

ここでは、へこみ修理にかかる費用相場を、へこんだ部位や修理に必要な工程ごとに分けて紹介していきます。

へこんだ部位ごとの費用相場

車のへこみ修理は、へこんでしまった部位によって修理費用が大きく変動します。車の部位ごとのへこみ修理の相場を見ていきましょう。

バンパー10,500~30,000円程度(後方部分よりもフロント部分が高額になりやすい)
ルーフ30,000~100,000円程度
トランク50,000~150,000円程度
フェンダー30,000~60,000円程度(後方よりも前方が高額になりやすい)
ドア30,000~60,000円程度
サイド30,000円程度
サイドステップ20,000~30,000円程度

バンパーがへこんでしまった場合、ボディまで破損してしまっている可能性もあるため、ボディに影響がないかをきちんと確認する必要があります。また、バンパーだけでなく、フェンダーまでへこんだり歪んでしまった場合、フェンダーの修理が必要となります。

ドアがへこんでしまった場合は、板金が必要となります。サイドは車の部位の中でもへこみやすい部分ですが、大きなへこみができてしまった場合、ドアの交換が必要となるケースもあり、この場合は費用が高額になってしまいます。

車の骨組みであるフレームがへこんでしまった場合の修理費用は、数万円~数十万円と幅があります。フレームは修理の工程が複雑で、特殊な機械や専門の技術者による修理が必要となるため、フレームのへこみ修理はかなり高額になる可能性があります。こういった場合は修理をするよりも、車を買い替えた方が結果的に出費が少なくなることもあります。

板金や塗装が必要になる場合

へこみの修理だけでなく、板金や塗装が必要となる場合は、修理費用にさらにその分の費用が上乗せされます。板金や塗装の分の費用は、施工範囲が一部の狭い範囲に限られる場合、10,000~30,000円程度が相場です。しかし、板金や塗装が広範囲に及ぶ場合、修理費用の相場は100,000円程度と高額になります。

また、紫外線などによってボディカラー全体が変色してしまっている場合、単にメーカーから指定されたカラーナンバーの色をそのままを塗るのではなく、その色に合わせる必要があり、かなりの技術力が必要となります。

交換が必要になる場合

へこみがひどい場合、修理ではなくパーツの交換が必要となることがあります。これは、パーツがへこむだけでなく、フレームまで歪んでしまうと安全に走行できなくなる可能性があるためです。

交換に必要となる費用はパーツによって異なりますが、ドアは1枚あたり150,000円程度バンパーは50,000~200,000円程度必要となり、高額になる可能性が高いです。しかし、リビルド部品と呼ばれる中古パーツを使用すれば、品質は新品には劣るものの、費用は3分の1程度に抑えることができます。

へこみ修理の費用を安く抑えるには?

場合によっては修理費用が高額になってしまうこともあるへこみ修理ですが、できる限り費用は安く抑えたいですよね。へこみ修理にかかる費用を安く抑えるためには、どのような方法があるのでしょうか。その方法について詳しく解説していきます。

複数の業者から見積もりを取る

車のへこみ修理は、ディーラーや板金塗装業者、カー用品店などに依頼することができ、業者によってその修理費用が異なります。初めから一つの業者に決めてしまうのではなく、複数の業者から見積もりを取って修理費用を比較することで、修理費用が安い業者を見つけることができます

また、修理費用だけでなく、修理内容も業者によって異なることがあります。どのような修理内容なのかを一社一社確認し、その中から一番納得できる修理内容と修理費用の業者を選ぶようにしましょう。

早めに修理する

車のへこみは、雨や紫外線などによってどんどん損傷がひどくなってしまうことがあります。損傷がひどくなると修理に時間がかかり、費用もより高額になります。小さなへこみであれば少ない費用で修理できることがほとんどなので、損傷がひどくなってしまう前に修理に出すようにしましょう。

自分で修理する

小さなへこみであれば、自分で修理することもできます。へこみを完全に元に戻すことは難しいですが、損傷を最小限に留めることは可能です。自分で修理すれば工賃などは必要ないため、業者に依頼するよりも修理費用を安く抑えることができます。

どんな車でも0円以上の買取保証!

へこみを自分で修理する方法

自分で修理を行えば修理費用を安く抑えることができますが、修理がうまくいかず、へこみによる損傷を広げてしまった場合などは、結局業者に修理を依頼することになる可能性もあります。自分で修理できる程度のへこみなのかどうかを見極め、無理だと判断した場合は、業者に修理を依頼することをおすすめします。

それでも自分でへこみ修理に挑戦したい!という方のために、自分でへこみを修理する方法をご紹介します。

ドライヤーや熱湯でへこみを修理する

バンパー、エアロパーツ、フェンダー、リアゲートなどは樹脂でできているため、熱を当てることで柔らかくすることができます。家にあるドライヤーの温風をへこんでしまった部分に当て、へこみ部分を熱で柔らかくした後、へこみ部分を裏側から押し出すことで、へこみを修復を直すことができるのです。この時、ハンマーを使用して裏側から押し出すと、より形が整いやすくなります。

同じ理論で、熱湯をへこみ部分にかけて柔らかくし、裏側からへこみ部分を押し出す方法も効果的です。しかし、熱湯は火傷をする可能性があるため、注意して取り扱うようにしましょう。

また、ドライヤーや熱湯でへこみ部分を柔らかくした後、裏側から押し出すのではなく、吸盤でへこみ部分を引っ張るという方法もあります。この方法は板金工場も行っており、仕上げがきれいになりやすいです。車のへこみ直し用の吸盤はネットなどで2,000円前後で販売されているため、購入してみてもいいかと思います。

パテを使用してへこみを隠す

パテとは、へこみによる段差を埋め、元の状態に成型するために使用される補修製品のことで、カー用品店やホームセンター、ネットなどで1,000円程度で販売されています。しかし、きれいに仕上げるためにはシリコンオフやコンパウンドシートなど、パテ以外の道具も必要となり、総額で15,000円を超えることもあります。また、パテを使用する修理には必要な工程も多く時間もかなり要するため、手間がかかる作業となります。

デントリペアキットを使用してへこみを修理する

デントリペアキットとは、デントリペアを行うのに必要なツールがセットになった、簡易的な板金キットです。こちらもカー用品店やホームセンター、ネットなどで販売されており、価格は1,000~50,000円と幅広いです。へこみが小さく、本格的な修理が不要な場合は、1,000円程度の安いものでも十分修理することが可能ですが、へこみが大きく、修理が広範囲に及ぶ場合などは、技術も必要となるため、高いデントリペアキットを使用するよりも、業者に修理を依頼することをおすすめします。

合わせて読んでもらいたい記事

車の傷
車の傷を自分で直すならタッチペン!使い方や選び方を解説

続きを見る

まとめ

へこみの修理は、修理を依頼する業者やへこんでしまった部位、へこみの程度や修理に必要な工程などによって異なるため、複数の業者から見積もりを取り、修理費用を比較することが重要です。また、自分で修理すれば修理費用を安く抑えることができますが、失敗してしまった場合、さらに修理費がかさんでしまう可能性もあります。自分で修理することに自信がないのであれば、業者に修理を依頼することをおすすめします。

また、長く乗った車のへこみの修理費用が高額になる場合、廃車にするという方法もあります。廃車買取業者であれば、多少へこみがある車でも買い取ってくれる可能性が高いので、新しく車を買い替える際の購入資金になるかもしれません。一度廃車買取業者に査定を依頼してみてもいいかもしれませんね。

【廃車買取業者カーネクスト】
簡単20秒で無料査定!

-自動車関連コラム
-, , ,

© 2020 廃車手続きするなんてもったいない!