廃車に関する豆知識

おでかけシーズン!雪道を安全に走行するためには何が必要?

更新日:

これからの季節、雪遊びやスキー・スノーボード、旅行にキャンプと雪の降る地域に出かける方も多くなるのではないでしょうか。お出かけの際気を付けたいのは何といっても雪道ですよね。雪道を安全に走行するためにはしっかりと準備が必要です。雪道走行の注意点をチェックしましょう。

110otoiawase

おでかけ前の準備編✔

雪道を安全に走行するためにはいろいろと準備が必要ですよね。”備えあれば憂いなし”です!

ネコ店長
雪道に備えてしっかり準備しましょう!

スタッドレスタイヤの装着&チェーンの準備

まず雪道で欠かせないのがスタッドレスタイヤですよね。必ず4輪すべて装着しましょう!スタッドレスタイヤは4輪すべてに装着することではじめて設計通りの性能が得られるようになっています。スタッドレスタイヤの寿命はタイヤの溝の深さが新品時の50%までとされていますので、溝が浅くなっているものは使用せず新調しましょう。

スタッドレスタイヤを装着していてもチェーンはしっかりと車に積んで準備しておくことが大事です。険しい山道などではチェーン規制の場合、必ず必要となります。

スタッドレスタイヤ・チェーンを装着していても”急”のつく運転は危険なので避けるのじゃ!(急発進・急ブレーキ・急ハンドル)
豆知識じぃ

スノーワイパー&撥水コーティング

走行中に雪が降ってきた場合など安全な視野の確保が欠かせませんよね。スノーワイパーはブレード部分がゴムで覆われているので雪が詰まりにくく、凍結しにくいものとなっています。雨にも使用可能ですが夏用に比べるとスノーワイパーは高価なのでシーズン使用をお勧めしています。

雪道走行ではフロントガラスの撥水加工も必要です。雪道での凍結防止にもつながります。撥水剤は市販でも多く販売されているので手軽に自分で撥水加工を行うことができますよ。

ウインドウォッシャー液・冷却水の濃度を高める

ウインドウォッシャー液は通常のものは出した瞬間に凍結してしまい視野が悪くなってしまいます。また、冷却水も同じように濃度が低いと凍結してしまいますので、最悪の場合エンジンの交換をしなければいけなくなります。凍結を防ぐために目的地に合わせてウォッシャー液の濃度を調節しましょう。自動車用品店では寒冷地用として凍結防止効果を高めた専用のものを販売してされています。

冷却水の濃度が高いまま、暖かい季節になると今度はオーバーヒートする可能性があるのじゃ。雪の季節が終わったら元の濃度に戻しておくのじゃぞ~。
豆知識じぃ

バッテリーの点検を忘れず

車のトラブルで多いのがバッテリー上がりです。特に冬はバッテリーにとって環境が良くないことからバッテリーに負担がかかりトラブルが起きやすくなっています。車にとってあらゆる電気系統のエネルギー源ですのでバッテリーが上がるとエンジンに点火ができなくなり非常に困る事態になってしまいますよね。

お出かけの日にトラブルを起こさないために電圧や液量、比重などの点検をしっかりと行いましょう!!

雪道走行での注意点✔

準備がしっかり整ったらいざ出発!安全を心がけて、時間に余裕をもって運転しましょう!

ネコ店長
雪道を運転する際の注意点を紹介します。

凍結しやすい道をチェックしておく

橋の上やトンネルの出入り口、交差点などアイスバーンが発生しやすいところとなっています。スタッドレスタイヤを履いていても非常に滑りやすく大変危険です。目的地まで路面凍結が予想される道は走行せず迂回するのが最善の策と思われます。

どうしても避けられない場合は極端にスピードを落とすしかありません。自分の車が滑らなくても、前を走っている車や後続の車が滑ってしまう可能性もありますので周囲との車間距離を十分に保つことをしっかり意識しましょう。

車線変更・カーブに注意

車線変更を行う場合は、道の真ん中に積もった雪などでスリップを起こしやすい状態となっています。車線変更をする際は進路変更の時だけにして、急な車線変更など追い越しは避けましょう。

山道などでカーブをする際も車そのものの重さにより遠心力が働いてしまうためコーナリングでは車が不安定な状態になってしまいます。カーブの手前ではしっかりと速度を落とし安全なコーナリングするようにしましょう。

豆知識じぃ
雪道では焦らずゆっくり進むことが鉄則じゃ。心に余裕をもって安全運転を心がけるのじゃぞ~

駐車をする際はワイパーを上げて

知っている人も多いとは思いますが、ワイパーの凍結を避けるため立てた状態で駐車します。雪だけではなく霜などによって凍結しないようにしましょう!

また、寒冷地では駐車は平坦な道で行いましょう。その際はサイドブレーキのワイヤーが凍ってしまう事がありますのでサイドブレーキは引かなくてもよいです。
対角線上に2ヶ所輪留めをし車両を固定し駐車完了となります。

楽しい旅が終わったら・・・

寒冷地などでは道路に融雪剤をまいている地域がほとんどです。車の下に融雪剤がついたままにしておくとその部分から錆びてきてしまったりと故障の原因となります。雪道から帰ってきたらしっかりと洗車をして融雪剤をしっかり落としてあげましょう!

雪道に行くときだけではなく、車を安全に使用するためには日常点検が非常に大切です。故障や不具合がある場合はすぐに修理を行いましょう!故障の原因によっては廃車も考えなければいけませんね。安全にカーライフを楽しむためにも日常点検はしっかりと行いましょう!

ネコ店長がおすすめしている廃車買取専門店カーネクストは0円以上の買取保証を行っているようです!新しく車を買い替えたいなぁと考えている方は無料査定をしてみるといいかもしれませんね★★

どんな車でも0円以上買取保証

-廃車に関する豆知識
-, ,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2020 All Rights Reserved.