沖縄県のおすすめ廃車買取業者TOP5

沖縄県廃車を高く売るってどうすればよいの??
そんな疑問をお持ちの方も多いですよね。ほとんどの方は、車の売却や廃車は数年に一度のイベントだと思います。だから、沖縄県で一番高く廃車を売るノウハウを知っているという方は少ないと思います。

でも、私はなんと!他社で「査定0円」のエブリィを高く売ることができました!

手っ取り早く、良い廃車買取業者が知りたい!という方は沖縄県で廃車買取を行っている業者さんをランキング形式にてまとめていますのでコチラを参照ください

CONTENTS

必ずどんな車も0円以上で買取ります

沖縄県で廃車を売る為にした3つのこと

私は約10年間エブリィを乗っていたので凄く愛着がありました。

いくら古い車とはいえ、走行距離が多い車とはいえ、たとえ廃車だと分かっていても少しでも高く売りたいと思っていました。私が沖縄県でエブリィを廃車買取にするために努力したことを紹介します。

沖縄県の廃車買取業者に聞いてみた

沖縄県で廃車買取にするにはどうすればよいのか?

そんな事を知人と飲みながら話していると、廃車買取の専門業者があることを知り早速電話で問い合わせをしてみることに・・・。

業者さん
どうも、〇〇解体で〜す。
沖縄県で廃車買取なら解体屋さんが良いと聞きまして、
ネコ店長
業者さん
ですね!うちでも廃車の引き取り可能なんで、一度車持ってきてください。

と言われたものの、何の情報もない状態でそうほいほいと話を進められても・・・。ここはちょっと怪しいと感じ、一旦やめておこうという判断で電話を切りました。
ということで、気を取り直して次の方法を探すことにしました。

沖縄県の車買取店の廃車買取サービスについて聞いてみた

最近では車買取専門店でも廃車買取サービスをやっていると聞いて早速問い合わせてみることに。廃車買取業者は少し怖そうだったので安心ができる大手の廃車買取専門店に電話しました。

業者さん
お電話ありがとうございます〇〇です。!
廃車にしたいんですが、走れるけど結構ぼこぼこの車でも廃車買取は可能なんでしょうか?
ネコ店長
業者さん
もちろん可能です。では、査定してみますので車の情報を教えて下さい。

対応も良く査定額にも期待できそうでしたので、車の詳細情報を伝えました。

そうすると・・・、

業者さん
申し訳ございません、10年も前の車になるので査定額としては0円になります。
やっぱりそうかぁ・・・。と、ある程度は予想はできていたのでショックは少なかったのですが、諦めたくなかったので、他の方法についても探してみました。

沖縄県のディーラーに廃車買取の相談をしてみた

沖縄県の廃車買取業者と車買取店での廃車は諦め、ディーラーに廃車買取の相談することに。
しかし、想像通りディーラーでは10年以上前の車なんて取り扱ってもらえる事はなく、新車への乗り換えの営業を30分程度されることに・・・。

でも、大切に乗ってきた車だから諦めきれない。
沖縄県で廃車を少しでも高く売る方法をネットで調べていたところ、とても便利なサービスを見つけました。

沖縄県で廃車買取をしてくれる業者5選+α

沖縄県で廃車にするために、合計8社程度に問い合わせをしたところ、いくつかの会社が廃車買取をしてくれる返事がありました。

1,沖縄県の廃車買取はカーネクストが一番

廃車買取のカーネクスト

参照元廃車買取カーネクスト

カーネクスト以外にも同じような廃車買取サービスがありますが、カーネクストの場合は、

『15年前の廃車同然の車でも買い取ってくれた』

『引取り費用や手続き費用が一切かからない』

『還付金が戻ってきてさらに儲けた!』

という口コミがかなり多く、大手だし信用できるということで一番人気のサービスなんです。古い車の場合でもコンディションが良い状態の車の場合は高価買取も期待できて、故障車や事故車などの不動車でも0円以上の廃車買取保証をしていることでも有名です。

しかも、インターネットで20秒程度で簡単に査定申し込みすることができます。

カーネクストだと、本来は費用がかかる廃車費用が無料だけじゃなくて還付金が返ってくるんですね!どの位の還付金があるのかは車によって異なるので詳しくはスタッフの方に聞いてみてくださいね。

0円以上の買取保証

2,有限会社 宮城解体も沖縄県で廃車買取をしている

まずは沖縄県の中頭郡にある有限会社 宮城解体さんについてご紹介しましょう。

この宮城解体さんは、その名の通り解体事業も自社でできることから、廃車買取から解体、運輸支局(軽自動車検査協会)での廃車手続きの代行までをワンストップでされるそうですので、仲介業者でありがちな連携ミスは起きることはないでしょう。

また、廃車は廃車でも事故車や故障車などの不動車も買取が可能となっています。加えて、廃車買取業界では敬遠されがちな水没車や車検切れの車の買取にも対応可能なオールマイティーな業者となっています。
車検切れの車は牽引車での移動では道路交通法違反なりますので、積載車を持っている業者でしか廃車にできません。

注意点は車の引き取りの際に必要になるレッカー車の費用は無料ではありますが、それは沖縄県本島に限った内容となります。

参照元有限会社 宮城解体

所在地 沖縄県中頭郡北谷町砂辺245番地【詳しい地図を見る
電話番号 098(936)4903
受付時間  不明(日・祝は休み)
フォーム申込 なし
対応エリア 沖縄県本島(その他エリアは要相談)

3,コータロー自動車でも廃車買取できる

続いては、沖縄県の那覇市にあるコータロー自動車さんについて見ていきましょう。

このコータロー自動車さんは、廃車買取だけではなく、自動車の販売や整備や車検などのメンテナンスも事業として活動されており、車に関することであれば基本的に何でも相談できるという認識で大丈夫でしょう。

もちろん、廃車は廃車でも事故車や故障車などの不動車も買取が可能となっています。また、車の引き取りの際に必要になるレッカー車の手配や、運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)での廃車申請の手続き代行も任せることが可能です。

ただし、その費用については公式サイトには言及がなかったので、申し込み前に念の為無料なのか有料なのかの確認は必要になるでしょう。

参照元コータロー自動車

所在地(本社) 沖縄県那覇市仲井真154【詳しい地図を見る
電話番号 098-853-6087
受付時間  9:00~18:00(日・祝は10~15時)
フォーム申込 あり(24時間受付可能)
対応エリア 沖縄県(その他詳細エリアについては要相談)

4,チャレンジパーツでも廃車買取に対応

次は、チャレンジパーツさんという廃車買取・解体などを行う業者さんです。

チャレンジパーツさんの特徴として、車の引き取りの際に必要になるレッカー車の費用は無料で、加えて運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)での廃車申請の手続き代行も無料で行ってもらえるという特徴がございます。

廃車買取の対象も自走可能な車だけではなく、事故車や故障車、水没車と広い範囲をカバーする事ができるようになっています。更に言えば、トラックなどの大型車両の引き取りも可能であることから、基本的に車であればなんでも可能と考えて大丈夫でしょう。

また、廃車買取から解体、運輸支局(軽自動車検査協会)での廃車手続きの代行までをワンストップでされるそうですので、仲介業者でありがちな連携ミスは起きることはないでしょう。

参照元チャレンジパーツ

所在地 〒901-2405沖縄県中頭郡中城村字屋宜735-1【詳しい地図を見る
電話番号 098-895-6825
受付時間  不明
フォーム申込 あり(24時間受付可能)
対応エリア  沖縄県(詳細エリアは要相談)

5,株式会社 國吉商店にも廃車買取の依頼はできる

5つ目の業者としては、株式会社 國吉商店さんをあげる事ができます。

こちらの業者は、廃車買取から解体、運輸支局(軽自動車検査協会)での廃車手続きの代行までをワンストップでされるそうですので、仲介業者でありがちな連携ミスは起きることはないでしょう。

車の引き取りの際に必要になるレッカー車の手配や、運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)での廃車申請の手続き代行も任せることが可能です。ただし、その費用については公式サイトには言及がなかったので、申し込み前に念の為無料なのか有料なのかの確認は必要になるでしょう。

この業者さんでは、他にも鉄や非金属、古紙やダンボール、機密書類の回収などリサイクル関連の回収も行なっております。

参照元株式会社 國吉商店

所在地 〒901-0305 沖縄県糸満市西崎町5-1-2【詳しい地図を見る
電話番号 098-840-9244
受付時間  9:00〜17:00
フォーム申込 あり(24時間受付可能)
対応エリア 沖縄県(詳細エリアは要相談)

全国対応している廃車王!地域の加盟店紹介

カーネクストも全国対応しており大手ではありますが、他にも廃車買取を行っている業者で有名なところといえば、廃車王もかなり有名ですよね!カーネクストと同じように全国対応しており、地域に廃車王加盟店があるという方も多いのではないでしょうか。

沖縄県にある廃車王加盟店について実際に廃車王に依頼したユーザーの良い口コミや悪い口コミ等、詳しくまとめておりますので参考にしてみてくださいね。

廃車王情報はコチラ

沖縄県で廃車買取業者が廃車買取をできる3つ理由とは?

沖縄県ではご紹介したとおり、たくさんの廃車買取業者がいます。廃車買取業者はなぜユーザーから廃車にするような車を買取ることが出来るのでしょうか。その理由について詳しくご紹介していきます。

廃車買取がで出来る理由をご存知の方はどういう仕組みで廃車に買取価格がつくのか、また、廃車買取をあやしいと思いの方も不安が解消されるはずです。

廃車でも海外では中古車として大活躍

日本で廃車となると解体(スクラップ)を想像する方も多いと思いますが、トヨタ車などは海外でも人気が高く廃車でも輸出すると、たちまち人気の輸出中古車となるのです。日本では10年を目安に廃車と言われておりますが、海外ではそんなことはありません。

海外ではメンテナンスを日々行い、長年使用する方が多く、10年・10kmといった日本では低年式車・過走行車と言われてしまう車でも人気は落ちないのです。中でも特に海外で人気のある、トヨタ車のカローラやハイエースといった車は、多走行車低年式車であっても、かなりの高額での再販が出来る可能性があり、廃車買取業者の中でも需要が高いものとなっています。

上記の事から、廃車買取業者を選ぶ際は輸出が出来る業者は更に買取価格に期待が出来るのです。廃車買取に出そうとお考えの方はこのポイントを覚えておきましょう!

廃車はリサイクルパーツの宝庫

多くの廃車買取業者はそれぞれ自社での解体工場または、解体できる施設や工場を保有している業者と提携しています。買取りをした廃車はただ解体するだけではなく、リサイクルできるパーツ、それぞれ再利用できる素材を取り外し回収するのです。

パーツは一つ一つ点検しきれいに磨き上げたのちリサイクルパーツとして販売を行います。また部品の中でも劣化した部分を取り替えて作り直したものをリビルドパーツといい、修理工場等に販売されます。品薄のパーツであったり人気のパーツとなると高値が付きしっかりと利益を生んでいるのです。

細部のパーツまで余すことなくリサイクル出来ることから、事故車・故障車でも廃車買取が出来るのです!!

廃車からとれる鉄や非鉄金属も再利用

事故車・故障車でも細部のパーツをリサイクルすることで利益を出せるとご紹介しましたが、大破している車は買取ができないではないかと思う方も居られるかもしれません。ですが、廃車の再利用できるものはパーツだけでは無いのです。

車は鉄の塊。車は製造する際に鉄・非鉄金属(アルミニウム等を含む)を多く使われています。再利用できるパーツを回収した後、鉄・非鉄金属を取り出し溶解し金属加工工場への販売を行い再利用することが可能なのです。

廃車は輸出できるもの、解体するものとでリサイクル方法は異なりますが、それぞれしっかりとリサイクルを行うことで廃車買取業者は利益を生み出しているのです。買取業者を選ぶ際はその業者がどのような販路を持っているかを調べると更にお得に廃車買取に出すことができますよ。

沖縄県で廃車買取をしている業者一覧

沖縄県にはまだまだ廃車買取を行なっている業者さんはたくさんあります。沖縄県を対応している廃車買取業者をご紹介していきます。

ご自宅や・職場・引取場所に近い業者に問い合せしてみるのも良いかもしれません。業者によっては持ち込みサービス等がある場合もあり、さらにお得に廃車が出来ることもあります。

あなたの愛車はいくら??

北中自動車解体

北中自動車解体は、事故車取り扱い、故障車運搬、業者車両陸送、解体車買取り、中古部品販売などの事業を行っており、自動車リサイクル法に基づいた解体業などの許可もきちんと得ていますので、安心して廃車・自動車解体の依頼をすることが出来る業者さんです。

所在地〒901-2316 沖縄県北中城村安谷屋1126-1
対応エリア沖縄県エリア
受付時間09:00~18:00
定休日日曜日

幸喜解体

幸喜解体は、廃車、不要車などを引き取る際のレッカー代などの運搬に関わる引取り費用は無料、車の抹消登録手続き代行費用も無料となっているので費用の心配がなく廃車手続きが簡単に完了します。沖縄県本島内であれば引取り対応可能となってい業者さんです。

所在地〒904-2203 沖縄県うるま市字川崎631
対応エリア沖縄県エリア
受付時間08:00~18:00
定休日日曜日

有限会社 パブリックレッカー

有限会社パブリックレッカーは、廃車や事故車、故障車や不動車であっても自社レッカーでの引き取り対応が可能となっています。他社では引取りを断られた車や、他社では引き取り費用がかかると言われた車も有限会社パブリックレッカーに任せれば安心です。

所在地〒904-2143 沖縄県沖縄県市知花5-19-40
対応エリア沖縄県エリア
受付時間09:00~17:00
定休日日曜日

株式会社 拓琉金属

株式会社拓琉金属は、使用済自動車は自動車リサイクル法に基づいて適正に処理し、使用済自動車に使用されているすべての金属をリサイクルしており、リサイクルを積極的な業者さんです。

所在地〒901-2134 沖縄県浦添市字港川495-9
対応エリア沖縄県エリア
受付時間09:00~17:00
定休日お問い合わせください。

株式会社 宮里

株式会社宮里は、中古部品販売、廃自動車の買取引取、スクラップ買取、産業廃棄物収集運搬・処分などの事業を行っており、自動車リサイクル法解体事業者、産業廃棄物収集運搬業、産業廃棄物中間処理業の資格を取得しているので安心して依頼できる業者さんです。

所在地〒905-1152 沖縄県名護市字伊差川330-1
対応エリア沖縄県名護市、本部町、今帰仁市、大宜味村、東村、国頭村、宜野座村、恩納村、金武町
受付時間お問い合わせください。
定休日お問い合わせください。

沖縄県で廃車買取を利用した方

沖縄県の廃車買取で一番有名なカーネクストを利用した方の評判も気なったので調べてみました。車種や状態によって買取価格は違ってくるようですが廃車買取サービスを利用した方からは好評なようです。

廃車買取にした方

沖縄県でエブリィを廃車買取にした方

車種 エブリィ
年式 2000年
走行距離 17万キロ
状態 走る分には問題ないが、走行距離や年式から中古車市場では再販は難しいかと思います。

車を処分するのは料金がかかるものだとばかり思っておりましたが、すべて無料でやっていただけるということは本当に有り難いです。

書類関係も対応してくださった女性が丁寧に説明してくださり、安心してお任せすることができました。この度は本当にお世話になりました。

沖縄県でベルファイアを廃車買取にした方

車種 ベルファイア
年式 20011年
走行距離 9万キロ
状態 状態良好、自走可能です。走行距離が10万キロに近づいてきたので、買い替えを検討しています。一応、中古車買取店と両方に査定に出す予定ですので、買取額次第で申し込みできない可能性もあります。

電話で対応してくれた人が丁寧にわかりやすく説明してくれて安心してお願いできました。廃車買取査定額も高いとは言えない金額でしたが、それでも中古車買取店よりも高値を提示していただいたので、満足しております。

引取り時の対応も早くてよかったと思います。次回もまた利用したいです。ありがとうございました。

沖縄県でフォレスタを廃車買取にした方

車種 フォレスタ
年式 2005年
走行距離 13万キロ
状態 走る分には問題ないのですが、走行距離が10万キロを超えているという事で、中古車買取に出した所、処分費用が必要と言われました。綺麗に乗っていたので、車体には凹みや傷はありませんし、車検もちゃんと受けていました。

電話して問い合わせてから引き取りにきてくれるまでがとても早くて、スムーズに取引ができ面倒な手続きもなかったので、大変助かりました。

しかも、カーネクストでは費用がかかるどころか私の多走行のレクサスでも「お気持ち程度ですが」という事で、多くはないですが廃車買取を行ってくれました。乗り換えを検討していたので、少しでももらえて本当に助かりました。また機会があればよろしくお願いします。

沖縄県で廃車にするなら今!高く売れるチャンスあり

廃車買取の相場は海外マーケットの影響を受けやすいため、高く売れる時期があります。

沖縄県で廃車が高く売れる時期は、4月~11月の間。年末~年度末にかけては海外バイヤーの方々が輸入を控えることがあるため(年が変わって税率が変わったりするらしい)、廃車買取価格が少し低くなりがちです。

しかも、カーネクストは沖縄県の廃車買取でかなり人気のサービスなので、廃車の依頼から引取りまでに時間を要することもあります。

何事もはやめに準備しておくことが良いので、沖縄県で廃車買取を検討しているならお試し下さい!

どんな車も高価買取

廃車買取業者に依頼する際の必要書類と注意点

廃車買取業者へ売却した際、廃車手続きを代行してくれる業者も多くとても便利ですが、必要書類等は自分で用意する必要があります。普通自動車・軽自動車それぞれ廃車手続きの代行を依頼する際の必要書類について詳しくご紹介していきます。

また、廃車買取業者によっては、廃車手続き代行費用がかかること場合もあるので事前に確認しておきましょう。

廃車手続きを依頼する際の必要書類

普通自動車の廃車手続きに必要なもの
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • ナンバープレート前後2枚

普通自動車と軽自動車とで廃車手続きに必要な書類が少し異なります。

軽自動車の廃車手続きに必要なもの
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書(車検切れの場合は不要)
  • リサイクル券
  • 認印
  • ナンバープレート前後2枚

廃車手続きに関する要注意点

普通車・軽自動車どちらとも言えることですが、必ず廃車手続きの際、車検証に記載されている所有者を確認しましょう。

氏名・住所が変わっている(結婚・引っ越し等)場合は手続きの際に戸籍謄本や住民票が必要となってきます。
また、車検証に記載されている所有者の欄がローン会社になっている場合は、そのローン会社に連絡を取りローン会社の印鑑証明書・譲渡証明書・委任状等が必要になります。

廃車手続きをする際、車の購入時と情報が変わっている場合、それぞれ追加となる書類が必要となりますので事前に確認するようにしましょう。

車検証が無い!?車検証を紛失時の対処法と注意点

車検証は免許証同様、車に乗せておくか、運転時は常に携帯していなければ交通違反となってしまうのです。

車検証は大半の方が車のグローブボックス保管している方が多く、無くしてしまったかもしれない!と思ったら一度グローブボックスを確認してみましょう!それでも見当たらない場合、廃車手続きを行う場合は車検証が必ず必要となりますので、紛失した場合は再発行してもらいましょう

車検証の再発行に必要なもの

では車検証の再発行を行うのに必要となる書類をご紹介します。

車検証の再発行するには再交付申請手数料として300円が必要となります。また、車検証が汚れてしまったりしている場合などはその汚損した車検証も運輸支局に持参しましょう。

車検証の再発行に必要なもの

  1. 使用者の委任状(使用者の認印が押してあるもの)
  2. 理由書(使用者の認印が押してあるもの)
  3. 申請者の身分証明書
  4. 手数料納付書(再発行手数料300円)
  5. 申請書(OCR第3号様式)

申請書(OCR第3号様式)は運輸支局窓口にて配布しています。

車検証を再発行する際の注意点

上記の申請書(OCR第3号様式)は国土交通省などホームページでダウンロードが可能となっていますが、一般家庭に多く普及しているインクジェットプリンターを使用したものは利用できないなどの制約があるため運輸支局での配布を受けることをお勧めしています。

廃車手続きの費用面での比較をしてみよう

廃車手続きを行う場合、注意点としましては業者によっては廃車手続き代行費用がかかる業者もあります。代行費用によっては自分で行なったほうがやはりお得になる場合もございますので、公式ページまたは問い合わせをし、必ず確認するようにしましょう!

廃車にかかる費用 手続き費用 引取り・レッカー費用
ディーラーへ依頼 10,000円~30,000円 走行不可は✕
中古車販売業者 8,000円~(買取価格から相殺) 3,000円~(業者によっては✕)
行政書士に依頼 5,000円~15,000円ほど
自分で廃車手続き 一時抹消登録のみ350円必要 8,000円~15,000円(JAF等)
カーネクストに依頼 0円 0円

※廃車買取業者でも費用がかかる事も!

廃車買取業者だからといって廃車手続きがすべて無料ではありません!業者によって手続の代行費用がかかる業者・引取り費用やレッカーサービスで費用がかかる場合もあります。業者によって条件はそれぞれですので、必ず事前に確認するようにしましょう。

廃車買取業者比較 カーネクスト 廃車買取A社 廃車買取B社
廃車手続き代行費用 無料 5,000円 無料
引取り・レッカー費用 無料 有料(エリア別) 無料(走行可能車に限る)
還付金 還付金あり 還付金あり 代行費用と相殺
合計金額 費用0円(+還付金) 費用5000円以上(+還付金) 費用0円

上記の表のように、廃車買取業者でも廃車手続きの代行が有料であったり、代行費用分を還付金で相殺する場合があったりと条件が異なります。

【結論】廃車手続きは自分でしないで依頼しよう!

廃車をするためには必ず必要となってくる廃車手続きですが、廃車を依頼する業者はかなり重要なのです。

比較でもご紹介しているカーネクストは廃車にかかる費用は一切ありません。ややこしい条件等も無くすべてを丸投げできちゃう安心サービス。

車の状態に関わらずどんな車も0円以上の買取保証。車両の状況問わず引取り可能!となっている頼もしい業者です。

0円以上の買取保証

私、ネコ店長自身もお世話になった事のある業者さんなのでかなりオススメ出来ますよ☆★

沖縄県以外の廃車買取で一番高く売れた方法についてご紹介

北海道・東北地方

中部地方

関東地方

近畿地方

中国・四国地方

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!