免許証イメージ

廃車方法について

未成年でも廃車は可能?廃車をするためには?

18歳になる前から教習所には通うこともでき、一番早くて18歳の誕生月に免許証を持つことができます。もちろん免許証を取得したからには自分の車が欲しくなるには当たり前ですよね。

ですが、未成年の場合は成人で就職している社会人より車ローンを組むのは難しく、多くの方は親御さんが所有者になっているのではないでしょうか。

廃車手続きはカーネクストに全てお任せしちゃいましょ

未成年でも廃車は出来るの?

結論から申し上げますと、未成年の方だけでは廃車は出来ません。ですが理由があり廃車が必要なっている場合どうすればよいのでしょうか。未成年でも廃車にする方法をご紹介していきます。

はじめにすること

まずは、車検証の所有者の欄を確認しましょう。

車の購入時に所有者と使用者の登録をしますが、未成年の場合は所有者は親になっていることが多く、車ローンを組んでいる場合はローン会社になっていることがほとんどです。
車の所有者は車の管理をしなければならないため車に関するトラブルはしっかりと責任を負う必要があります。
また、車の使用者も車に関するトラブル責任は負う義務はありますが、手続き等を行う権限はないため抹消手続きを行うことはできません。

車の所有者は名義変更や抹消登録など手続きを行う権限がありますので、所有者が親であれば廃車にする理由等を話し、廃車手続きを行ってもらいましょう。

所有者がローン会社の場合

車の購入の際にどこのローン会社を利用しているかしっかりと把握していく必要があります。車検証の所有者欄に記載しているので確認しておきましょう。

ローンを組んでいる場合はローンが完済するまで車に関する権限はローン会社が持っているので、使用者が勝手に名義変更や廃車手続きを行うことができません。これを所有権留保といい解除したい場合は、ローンの残債を一括返済しなければいけません。完済したのち、所有権解除の手続きをおこなうと所有者が自分となり廃車手続きができるようになります。

未成年が廃車を行う場合の3ステップ

所有権解除の手続きが終わり、所有者が自分になれば廃車手続きができるようになります。

ですが、抹消手続きは法律行為となるので未成年の場合は親権者の同意を得なければ手続きができません。
通常の廃車手続きの書類とプラスで親権者の同意を得たという同意書が必要となってきます。

廃車の手順としては

step
1
解体業者に依頼して車を解体してもらいます。

自分で廃車を行う場合は解体業者への依頼も自分で業者を探し連絡をしなければいけません。

step
2
解体業者から移動報告番号・解体通知日をもらう

依頼し、解体が完了すると”移動報告番号・解体通知日”の記載された紙が渡されます。廃車手続きの際にこの紙が必要となりますので保管しておきましょう。

step
3
必要書類をもって管轄する運輸支局で手続き

解体が終え必要書類の準備が整ったらナンバープレートに書いてある地域の管轄する運輸支局へ行き手続きを行いましょう。

合わせて読んでもらいたい記事

資料イメージ
廃車手続きに必要な書類一覧

続きを見る

廃車にかかる費用は?

廃車にかかる費用については、面倒な書類手続きを代行で行ってくれる業者もありますが代行費用や手数料といった請求がかかってしまいます。
安い場合1万円~高い場合で8万円程度かかってしまう場合もあり、専門の業者に任せた方がいいだろうと代行依頼する方もいますが費用がかかるため、私はあまりおすすめしません。

自分で廃車を行う場合はそれらの代行費用や手数料がかからない分安く済ますことはできますが、自動車の解体費用は掛かってしまいます。解体費用は平均的に1~2万円あたりでしょう。
また、車が自走できない場合など移動させるにもレッカー車の手配などで費用がかかってしまいます。レッカー費用の平均でも5000~1万円程でしょうか。

ネコ店長
自分で廃車するにも費用がかかるなぁ…

未成年にとって何万円もの出費はかなり痛いですよね・・・。

廃車をお得にする方法!

もう使わない車のために何万円もの出費。ネコ店長は廃車をお得にできる業者を見つけました!
様々な専門業者があるように廃車買取を専門で行っている業者があるのです!

色々と費用がかさむ廃車ですがお得に廃車できるなら文句なしですよね!私自身も利用したことがある業者さんで、廃車買取を専門に行っているカーネクスト!

カーネクストはどんな状態の車でも0円以上の買取保証があり、さらに!レッカー費用完全無料!面倒な廃車手続きも全て無料で代行してくれるのです。

ネコ店長
レッカー費用も無料ってビックリですよね
私も廃車の依頼をする際にいろいろと調べましたが、書類代行手続き・レッカー費用無料とおっしゃっている業者さんはありましたが原則無料だったりエリア外は有料だったり手続きが複雑な場合手数料が発生する場合があると条件が決まっていたりするんですよね。カーネクストはそういった条件もなく安心して依頼することができました。

たくさんある廃車買取業者の違いについてまとめたものがありますので参考にしてみてください

合わせて読んでもらいたい記事

業者の比較
廃車の買取業者の比較!どういう所に差があるの?業者の違いについて

続きを見る

まとめ

未成年が廃車にする場合のまとめとしまして、車検証に記載してある所有者が手続きの権限を持っているため確認しましょう。
また、使用者が勝手に手続きを行うことはできませんので所有者がローン会社の場合、所有権解除をして廃車にしましょう。

廃車にはいろいろと費用がかかりますが廃車買取専門業者に依頼すると、レッカー移動から抹消登録の完了まで丸投げできるので業者選びが重要となってきますね。
まずは廃車を買い取ってもらえるか査定をしてもらいましょう。廃車でも思わぬ査定額が出るかもしれません。
ネコ店長も利用したおススメ業者はカーネクスト!

無料査定も行っているので申し込んでみる価値はありますよ★☆★

-廃車方法について
-, ,

© 2020 廃車手続きするなんてもったいない!