自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

還付金

費用関連

廃車にすることで還付される4つの還付金の受け取り方や注意点について

投稿日:

車には税金や保険料など、様々な前払いの費用がかかっています。

それらの費用は、車を廃車にすることで月割計算で返金してもらえる還付金という制度がございます。

今回は、その還付金にあたる4つの項目の受け取り方法や注意点などについて、ご紹介いたします。

廃車の体験談

廃車買取の査定額が0円だった車を20万円に化けた話を公開中!

ヒントは『海外販路』です。

>>実際に廃車を売った話

自動車税の還付金について

自動車税

まず一つ目にご紹介するのは、車の税金の一つである自動車税の還付金についてです。

この自動車税は、毎年4/1時点で車の所有を行なっている方に対して課税される税金で、翌年の3月末までの1年分の自動車税を前払いすることになっています。

還付の手続き

この自動車税の還付金の受け取りには、事前に手続きが必要になります。

が、その手続き自体は運輸支局(昔は陸運局という名称でした)での廃車手続きの一部が自動車税の還付金の手続きに該当しますので、手続きし忘れは起きません

なので、自動車税の還付金の受け取りができなくなることもありませんので、その点はご安心ください。

受け取り方法

続いて、自動車税の還付金の受け取り方法ですが、これは廃車完了から3ヶ月後の手続きとなりますので、多くの場合はその存在自体忘れてしまっている可能性があります。

ただ、受け取り可能な状態になれば、ハガキで還付金の受け取りの案内が届きますので、普段から郵便物はチェックしておくように習慣付けておきましょう。

ネコ店長
間違ってハガキを捨ててしまうと受け取れなくなる可能性もありますので、要注意です。

自宅に届くはがきには、自動車税の還付金の受け取り方法の記載がされていますが、実はこの方法は各都道府県によって異なります。

指定された銀行での換金であったり、ゆうちょ銀行での受け取り、指定した銀行口座への振込など様々な方法がありますので、具体的な受け取り方法についてははがきを確認し、その内容に沿って受け取り手続きを行いましょう。

注意点

この自動車税の還付金には、いくつか注意点があります。

1つ目の注意点は軽自動車の場合、軽自動車税に関しては還付金自体がありません

2つ目の注意点は、月割計算での還付となりますので、3月中の廃車完了の場合は還付金の受け取り額は0円ですので、この場合も還付金はありません。

3つ目の注意点は、廃車方法次第では還付金の受け取り権利が自分以外になってしまう事です。具体的には廃車買取業者の中には、買取額の中に自動車税の還付金も含まれており、運輸支局での手続きの際に自動車税の受け取り権利を奪われてしまう事があるのです。

もちろん契約時にしっかりと説明をされている業者の場合は問題ありませんが、そういった説明がない場合はかなり悪質ですので、廃車買取の申し込みを行う場合は、その点も確認しておくと安全です。

ネコ店長
ちなみに、カーネクストの場合は還付金は普通にあります。

 

重量税の還付金について

重量税

次にご紹介するのは、車にかかる2つ目の税金である重量税の還付金についてです。

この税金は車の所有に対してではなく、車の重量に対して課税される税金で、車検のタイミングで次の車検までの期間の税金を前払いすることになります。

ちなみに、車検は新車購入時のみ3年後となり、それ以降は2年ごとに必要になりますので、重量税の支払いも同じ周期での支払いとなります。

手続き方法

重量税の還付金の手続き方法に関しても、自動車税と同様に廃車手続きの中に含まれており、運輸支局での手続き当日に窓口で自動車重量税還付の申込書を入手する事が可能です。

なので基本的には、こちらも手続きのし忘れによる受取不可などになる事はありません。

銀行口座情報の入力が必要になりますので、自分の口座の口座番号を控えて持参しましょう。

受け取り方法

続いて、この還付金の受け取り方法ですが、廃車手続き後は特に何もする必要はありません

上記でご紹介の通り、運輸支局で記載する用紙に銀行の情報を入力していますので、還付金の支払いの処理が完了すれば自動的に指定した口座に振込されることになります。

なお、詳細は後述しますが、振込が3ヶ月以上待っても行われない場合は、口座情報の修正が必要な事がありますので、郵便物の中にそういった案内がないか確認を行いましょう。

注意点

では、重量税の還付金の注意点も見ていきましょう。

まず一つ目の注意点は、重量税が車の重量に対して課税されるものですので、一時抹消登録だけでは還付金は発生しません。

車を解体しスクラップになってから手続きを行う永久抹消登録の場合のみ、重量税の還付金が発生します。

次に、重量税の還付金の受け取りができる銀行は限られており、ほとんどのネット銀行では受け取りができません

ネコ店長
楽天銀行ユーザーの私としては、悲しい事です。

なので、手続きの際に記入する銀行の口座には、国庫金取扱が出来る銀行の口座を登録するようにしましょう。

そして、3つ目の注意点は自動車税の還付金と同じく、廃車買取業者によっては重量税の還付金を買い取っている業者が存在しますので、事前に確認を行いましょう。

 

自賠責保険の還付金について

自賠責保険の還付金

車を運転するには、税金以外に国から強制的に加入を強いられる自賠責保険があります。

この自賠責保険も重量税と同様に、車検のタイミングで更新&前払いが必要になるもので、解約すれば前払いで支払った料金の月割計算の一部を還付金として受け取る事ができます。

なお、自賠責の還付金は解約返戻金という名称もありますので、保険会社に伝える場合は「解約返戻金」と伝えた方が、話が通りやすくなるでしょう。

手続き方法

この自賠責の還付金の手続き方法ですが、税金関連とは異なり運輸支局(軽自動車検査協会)での手続きは不要となります。

その代わりに、受け取り可能な状態にするには、この自賠責保険の解約が必要になります。

解約方法はいたってシンプルで、自賠責を加入している保険会社に電話して解約の意思を伝えて解約申請書を送ってもらいます。

解約申請書は加入時に受け取っている場合もございますが、一旦は電話で解約の申し出をしておきましょう。

書類が届いたら、抹消登録の証明書と解約の申請書を併せて郵送すればあとは不備がなければ保険会社が受理して解約となります。

受け取り方法

自賠責の還付金の受け取り方法も、非常に単純です。

普段の支払いを口座振替で設定している場合は、そのままその口座への入金となります。

普段はカード払いにされている場合は、解約申請書に口座情報を、もしくは別途還付金の受け取り口座の情報を記載する書類がありますので、そちらに記入していればその指定口座に振込されることになります。

注意点

この自賠責の還付金に関しても、複数の注意点があります。

一つ目の注意点は、解約忘れです。

車を廃車にする際には、運輸支局での手続きが最大の難関(時間がかかり面倒という意味から)となっていますので、それが終わった瞬間に気が緩んでしまい、自賠責の解約を忘れてしまう人が多いのです。

ネコ店長
これ、本当に多いそうです。

解約を忘れてしまうと、その期間の保険料もどんどん消化されてしまいますので、気づいた頃には自賠責の還付金の金額が大きく減っている事があるのです。

2つ目の注意点は、税金の還付金と同じように、廃車買取の際に自賠責の還付金も一緒に買取を行う業者がある事です。

その方法を採用している業者の場合は、必要書類に自賠責保険証書の提出が必要ですので、判別は簡単です。

なお、自賠責の還付金の買取も行う業者に依頼される場合は、自賠責の解約も代行してもらえますので、手続きとしては結構楽です。

 

任意保険の還付金について

任意保険の還付金

4つ目の還付金は自賠責と同じ保険のくくりに該当する任意保険の還付金です。

もちろん、こちらも保険の還付金ですので、解約返戻金とも呼ぶ事ができます。

任意保険に関しては、その名の通り加入は任意ですので、車に乗られている方の中には未加入の方の可能性もございますが、基本的にはみなさん加入されている保険でしょう。

また、任意保険は契約期間は自分で選択する事ができますので、他の3つの還付金とは異なり、スタート時期も更新周期も多様なものとなります。

手続きと受け取り方法

任意保険の還付金の手続き方法は、自賠責保険と全く同じです。

加入している保険会社に連絡して解約すれば、自動的に還付金の手続きも完了となります。

また、任意保険の還付金の受け取り方法についても、自賠責の還付金と同じで、支払いを行なっている口座もしくは別途指定する口座への振込となります。

ネコ店長
この点は全く同じですね。

任意保険の還付金に関する注意点

任意保険における還付金の注意点ですが、解約のし忘れに関しては自賠責と同じです。

ただ、状況によっては独自の注意点が発生する事があります。

それは、廃車の理由が単なる車の手放しなのか、もしくは車の買い替えに伴う廃車なのかです。

前者の単なる手放しであれば特に問題はありませんが、車の買い替えの場合は任意保険の解約を行わずに、そのまま保険をつける車の変更である「車両入替」という方法が使えるのです。

この方法を利用すれば、現在の任意保険の等級をそのまま受け継いで新しい車の任意保険を開始する事ができますので、保険料の面でかなりお得になるでしょう。

 

ネコ店長
以上、廃車における還付金の情報でした!

-費用関連
-,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.