廃車のレッカー

廃車方法について

【車解体業者はダメ!】車の解体をしたい場合はどうすれば良いか?

乗らなくなった車や事故に遭ってしまった車、故障してしまったなどの理由で解体したいとなった場合、一般的には解体業者やリサイクル業者を思い浮かべられるでしょう。しかし、その方法はあくまでも「解体できる可能性がある方法」の一つに過ぎないので、状況次第では良い方法とは言えません。

ここでは、車の解体を行う場合に一番お得で、楽で、確実な方法についてご紹介いたします。

カーネクストへ丸投げしちゃいましょ

車解体は解体業者でも可能ですがデメリットも・・・

メリットとデメリット

先にご紹介しておきますが、当然ながら解体業者でも車の解体を依頼できる可能性はございますし、業者次第では特に何のデメリットもなく依頼することが可能です。しかし、残念ながらこれはあくまでも可能性の話ですので、全ての解体業者で当てはまることではないのです。

実際に解体業者に車の解体を依頼すると、どのようなデメリットが発生する可能性があるかを見ていきましょう。

費用がかかる可能性がある

まず一つ目のデメリットとしては、やはり費用がかかってしまう可能性があるということでしょう。

通常、車の廃車を解体業者が行うと、業者側としては車の鉄資源をリサイクルに回す(売る)ことで換金できますので、無料で引き取ってくれる場合があります。しかし、これは業者次第な部分もあり、車の解体を行うかわりに解体手数料を請求されるケースが多いのです。

その金額も業者次第ですが、一般的には10,000〜15,000円ほどの金額で設定されている事が多くあるのです。

ネコ店長
これは我々側としては、なかなかに痛い出費ですね。

合わせて読んでもらいたい記事

疑問をもつ女性
車のスクラップに費用がかかるのは何で?買い取って貰えるハズでは?

続きを見る

解体を依頼できない場合も

もう一つのデメリットの可能性は、そもそもの話、個人客からの依頼を請け負ってくれない可能性があるのです。

昔はどこの解体業者も個人依頼であろうが快く解体してくれていたのですが、最近は盗難車などの犯罪に巻き込まれないようにする為か、間に仲介を入れないと解体してくれない事がほとんどです。

ネコ店長
また、車を解体した場合はそれで終了ではなく、別途法的な手続きが必要になります。

買取保証!

車の解体後には大変な廃車手続きも必要!

車を解体すれば、物の処分としては完了ですが、解体後に法的手続きを行う必要があるのです。

それは運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)での廃車手続きです。

運輸支局での手続き

具体的にどのような手続きが必要になるかというと、運輸支局もしくは軽自動車検査協会にて永久抹消登録(軽は解体返納)の申請が必要になるのです。

これは車の登録情報を完全に抹消する手続きで、解体業者では手続きをしてくれないので、自分で平日の夕方までに足を運んで手続きを行う必要があるのです。

もちろん、解体した後ですので、その車以外の移動手段を用いて向かう必要があります。

ネコ店長
実際に自分で行った事がありますが、なかなかに面倒な手続きでした。

自動車税や重量税の課税ストップのために

この手続きは結構面倒ですし、何より平日しか施設が営業していない事からそのまま放置しようとされる方がいます。

そうなると、実は車の所有や重量に課税されている自動車税・重量税が課税され続け、車がないのに維持費だけがそのまま請求される事になってしまうのです。

この税金の課税を止めるには運輸支局や軽自動車検査協会にて廃車手続きを行うしか方法はありませんので、何が何でも手続きを行うようにしましょう。

還付金について

自動車税も重量税も税金を前払い制で払っています。なので、その年数の途中で廃車される事で余分に支払っている料金を月割計算で返してもらう事が可能です。この制度を還付金と呼びます。

廃車手続き代行無料

廃車買取という選択肢がベスト!

上記の通り、車の解体を解体業者に依頼されると、費用面や手続きの手間の面でメリットがない選択肢と言えるでしょう。

では、どういった方法で車を解体すれば、一番お得で楽に解体以降の手続きを行えるかというと、ズバリ!廃車買取の業者に依頼するという方法です!

解体業者に車解体を依頼する場合はデメリットが多いことをお伝えしましたが、では廃車買取業者に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。また、その場合のデメリットはあるのでしょうか。

メリット1.廃車の買取をしてくれる

廃車買取業者に依頼されるメリットは手続きの簡単さだけではなく、解体するような車でも買取を行ってくれるという点にもあります。これは前述でも少し触れていますが、解体した車は「走る車」としての価値は0円ですが、鉄資源としての価値は数千円〜数万円になります。

更に言えば、解体する車のパーツの中にメンテナンス後に中古品として利用できるものがある場合は、そのパーツ自体にも価格をつけてもらえるのです。

ネコ店長
ちなみに、パーツに価値をつけてくれる業者は結構少なめです・・・。
なので、車種によっては意外と良い買取金額をつけてくれる可能性が十分にありますので、思わぬ金額になりますよ~!カーネクストならどんな状態の車も買取保証があり面倒な廃車手続き・還付申請を行ってくれるので忙しい方や手続き関係が苦手な方にはとても良いサービスです。

カーネクストのメリット

カーネクスト公式ホームページ

こう見ると、もはやデメリットは存在しないのでは・・と思います。

メリット2.車の解体や他の手数料が無料

廃車買取業者に解体を依頼される2つ目のメリットとしては、解体手数料が必要ないというポイントがあります。

他にも、解体したい車が故障などで自走ができない不動車であっても、手数料完全無料の業者であればレッカー車の手配も無料で行ってくれるので、解体を依頼してもこちら側から1円も払う必要がないのです。

廃車買取業者によっては有料の場合もありますので、完全無料の業者を利用するようにしましょう。

メリット3.運輸支局での廃車手続きも無料で代行

3つ目のメリットとしては、運輸支局や軽自動車検査協会での永久抹消登録の廃車手続きも、解体と一緒に代行してくれるのです。

もちろん、代行費用は無料で設定されている業者が多いので、これに関してもお金がかかることはありません。

つまり、廃車買取業者に車解体を依頼すれば自宅まで車を取りに来てくれて、その後の手続きは全て勝手に代行してくれるので、実質車の引き渡し以降は待つだけで大丈夫なのです。

カーネクストに丸投げしちゃいましょう

まとめ

以上の事から、車の解体を行ないたい場合は解体業者への依頼もありですが、それによって得られるメリットはほぼゼロに近い状態です。むしろデメリットが多い方法となりますので、よほどの理由がない限り利用を推奨できる選択肢ではないでしょう。

これに対して、廃車買取業者への解体依頼であれば、廃車買取の業者選びをミスらなければ解体や車の運搬にかかる費用はすべて無料で、なおかつ面倒な手続きである運輸支局での手続きも無料代行してもらえます。

ネコ店長
あと、車の買取も行ってくれますしね

廃車買取業者は費用面でも作業量の面でもかなりのメリットになり得る選択肢ですので、車の解体をされたい場合は基本的には廃車買取に依頼されることをオススメします。

-廃車方法について
-, ,

© 2020 廃車手続きするなんてもったいない!