自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

書類関連

廃車の時に譲渡証明書が必要になるのは何で?必要になる手続き方法など

投稿日:

廃車の手続きを買取業社に依頼した場合、提出が必要な書類の中に譲渡証明書が含まれることがございます。

ここで疑問に思うのが、なぜ廃車するのにわざわざ譲渡証明書が必要になるのかという点です。

今回は、廃車手続きで譲渡証明書が必要になる理由についてご紹介いたします。

ネコ店長
私も初めは謎でしたが、
聞いて「なるほどぉ」となりました^^

廃車の体験談

廃車買取の査定額が0円だった車を20万円に化けた話を公開中!

ヒントは『海外販路』です。

>>実際に廃車を売った話

譲渡証明書とは

まずは譲渡証明書がどういった書類なのかをご紹介したいと思います。

とは言え、どういった書類かはその名前を見れば大体のイメージは付くでしょう。

車の所有権を譲渡する為の書類

端的に言いますと、「譲渡証明書」は車の所有権を譲渡する際に必要になる書類です。

よくあるケースとしては車を親から子へ譲渡する際であったり、友人や個人間で車の売買を行う際に名義変更を行う事になります。

この際に、必要書類として譲渡証明書が必要になるのです。

なお、こちらのページにサンプルをご用意しておりますので、どういった用紙かイメージできない方は、一度ご確認ください。

必要書類ダウンロード

申請書などは、運輸局(軽自動車協会)以外では手に入りません。ここでは、委任状などの用紙をダウンロードできます。 Contents1 自動車登録専用譲渡証明書2 自動車登録専用 委任状3 重量税還付 申 ...

続きを見る

中古車買取の際にも必要になる

「譲渡証明書」は個人間の譲渡以外でも利用されることがあります。

その最たる例としては、中古車買取が挙げられます。

中古車買取の際には買取業者に車を買い取ってもらう事になりますが、その後には必ずメンテナンスしてから誰かに販売される事になります。

当然、その際に車の名義の再登録が必要になるのですが、その際に「譲渡証明書」がないと運輸支局側でもその車が正式に譲渡されたものなのか盗難車を不正に登録しようとしているのかの判断ができなくなるのです。

なので、中古車として車を売却する際にも、この譲渡証明書は必要になるのです。

所有者名義をそのままで、使用者の変更や追加を行う場合は譲渡証明書は不要です。

 

廃車の際に譲渡証明書が必要になるケース

必要書類

では、ここからが本題。

廃車買取業者に廃車を依頼される際に譲渡証明書が必要になる理由については、複数の理由が考えられます。

意外と知らない方が多いケースも存在しますので、廃車申請を行う前に自分がどのケースに該当するのかを確認しておきましょう。

所有者名義がディーラーやローン会社の場合

一つ目のケースとしては、車検証に記載の所有者名義の欄に自分の名前ではなくディーラーやローン会社の名前が記載されているパターンです。

これは新車購入時に一括ではなく、ローンなどで購入されている場合に見られる現象で、書面上ではその車の所有権は自分ではなく車検証に記載されている名義にある状態なのです。

この場合は、自分がいくら「車を売りたい」と言ったとしても、自分には車をどうこうできる権利がないのです。

なので、この場合は廃車買取業者で廃車手続きをする際に、一旦買取業者の名義に変更してから手続きを進める為に譲渡証明書の提出が必要になるのです。

中古車買取も併用して行なっている場合

2つ目のパターンとしては、廃車買取業者で買い取ってもらった車が、中古車として再販される販路も持っている時に必要になります。

完全にスクラップ行きとなる廃車業者の場合は、永久抹消登録という手続きとなりますので、必要書類には手続き代行を証明する委任状で事足りますが、買い取った車を再販する可能性がある場合は、次の車の購入者の再登録の時の為に譲渡証明書が必要になるのです。

特に最近では、カーネクストのように中古車買取店としての顔を持つ廃車買取業者も増えてきていますので、多くの業者で譲渡証明書の提出を求められることでしょう。

ネコ店長
書類準備の手間は増えますが、
その分買取額が高くなりますので、
どちらかというとラッキー案件ですね^^

 

譲渡証明書の注意点

チェック

以上のことから、譲渡証明証の必要性については把握できたでしょうが、ここで一つ注意点がございます。

それは譲渡証明書の作成時の注意点でございます。

印鑑の種類に注意!

譲渡証明書には自分の印鑑を押印する必要があるのですが、その印鑑の種類に注意が必要なのです。

というのも、譲渡証明書はペラペラの用紙ではございますが、かなり重大な効力を持つ用紙となりますので、偽装防止のためにある条件を設けられていたのです。

それは、押印する印鑑は単なる認印ではなく、役所に印鑑登録証明書として登録している実印である必要があるのです。

なお、廃車の手続きの際には印鑑登録証明書の提出も必要になりますので、同一の実印でないとスグに指摘されますので間違わないように注意が必要です。

名義にも注意!

譲渡証明書の注意点としては、もう一つの項目がございます。

それは名義です。

上記でご紹介した実印による押印ですが、これは車検証に記載の所有者と同じ名義の実印である必要があります。

よって、車検証の所有者名義・印鑑登録証明書の名義・譲渡証明書の名義の3つの書類の名義は全て同一である必要があるのです。

したがって、車検証の所有者名義がディーラーやローン会社になっている場合は、印鑑登録証明書も譲渡証明書もディーラーやローン会社の名義のものを用意してもらう必要があるのです。

譲渡証明書の注意点
  • 実印での押印が必要
  • 名義は全て車検証に記載の名義で統一する

 

このように廃車を業者に依頼される場合であったり、車をローンで購入されている場合は、譲渡証明書が必要になるケースがほとんどですので、あらかじめ把握しておいて損はないでしょう。

また、廃車業者で譲渡証明書が必要になる場合は、単なる廃車買取よりも査定額が高くなる可能性が高い証拠ですので、可能であればそういった業者を狙って査定依頼されることをお勧めいたします。

-書類関連
-, ,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.