自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

海外への輸出

廃車方法

廃車買取は輸出が有利?海外販路持ちの業者の方が査定額が高いかどうかについて

投稿日:

廃車買取において、海外販路を持っている業者に依頼されると、買取査定額が数十万円も大幅にアップしたという話を聞く機会があります。

廃車買取の世界で、何十万円も査定額に差が出るというのは普通ではありえない話ですが、実際にこういった事例は起きているのです。

そこで、ここでは海外へ廃車を輸出できる事がどの様に有利に働き、査定額にどういった影響を与えるのかについてご紹介いたします。

廃車の体験談

廃車買取の査定額が0円だった車を20万円に化けた話を公開中!

ヒントは『海外販路』です。

>>実際に廃車を売った話

海外で高値で売れる理由

では、なぜ日本国内ではそこまで価値がない車でも、海外への輸出では高額買取してもらえるかについてご紹介していきましょう。

ちなみに日本国内で中古車としての需要が少ない様な年式10年オーバー&10万キロオーバー車などは、通常鉄資源としての買取となりますので、車自体は解体スクラップに回され買取額もその鉄資源のみの金額で計算される事が多いです。

日本車ブランドは強し!

まず、海外で高値がつく第一の理由は、やはり日本車ブランドである事です。

ここはやはり技術大国である日本の強みが活かされており、海外の車に比べて丈夫で壊れにくいと認識されているのです。

ネコ店長
実際、頻繁に壊れる事も無いですしね。

しかも、海外では10万キロ走行の車は普通で、20万キロ以上走っている車も珍しく無いので、10万キロ近く走っている日本車でもまだまだ需要があり、お金を出してでも欲しいという需要があるのです。

更に言えば、海外に人気のある車種でなおかつ走行距離も少ない場合には、査定額も一気に跳ね上がる事になるのです。

特に発展途上国で人気

そんな日本車ですが、国別で見るとやはり発展途上国で人気が高いのです。

都市開発が盛んな国であればハイエースやバン系の日本車が人気で、輸出で査定額が増額される最も多い事例がこういった商用バンです。

他にも日本車に乗っている事はステータスの一部になっている国もありますので、そういった国では商用バン以外の車種で廃車間際の車も買い取られるのです。

ネコ店長
「世界のトヨタ」が良い例ですね。

 

全車両が輸出できる訳では無い

車種

ここで一つ、廃車の海外輸出に関して注意点があります。

それは日本車であれば、何でもかんでも海外に需要があるという訳では無いのです。

これを勘違いしてしまうと、実際に廃車買取の査定に出した際に「えっ、それだけ?」とショックを受けてしまう事になりますので、正しい情報を把握されておく必要があるでしょう

軽自動車は対象外

まず、軽自動車に関しては対象外です。

これは、軽自動車の元々の値段が安いからという理由ではなく、外国で設定されている車の安全基準に軽自動車のスペックが届いていない事が理由となっています。

ネコ店長
もちろん、国によっては基準に達していますが、輸出費用に対して需要は少ないのでコスパは悪くなります。

日本国内では交通事故は起きていますが、海外の事故と比べると比較的スピードも出ていない事故が圧倒的に多いので、それに合わせて日本国内での軽自動車への安全基準は世界的に見るとかなり緩く設定されているのです。

なので、日本の軽自動車が如何に優れた燃費性を持っていたとしても、そもそも海外では基準未達の車に該当するため乗る事が禁止されているのです。

ミニバンが意外に不評

また、不人気な車種の一例としてはミニバンが挙げられます。

ミニバンは日本では使い勝手も良く人気の車種ですが、ヨーロッパ系ではその大きさから業務用の車に見えてしまう為に購入を希望される人はほとんどいません。

逆に欧米では、バンよりも小さいミニバンである事がネックで、需要がない状態になっているのです。

ヨーロッパ系では大きさから、アメリカでは小ささから不人気となっているのです。

ネコ店長
ちなみに、アジア系ではそこそこ需要はあります^^

海外で人気のある車

では、具体的にどういった車が海外で人気があるのかという点について見ていきましょう。

一番有名な例としては、やはりハイエースなどの商用バンでしょう。

これは日本国内で売るよりも確実に高値になりますので、廃車・中古車問わず海外への輸出をされる事をお勧めいたします。

ネコ店長
「ハイエースを輸出」は鉄板です。

他にも上記でご紹介した一部の国で人気のないミニバンですが、アジア圏には人気があります。

また、ベンツ等の高級車などは、車自体の価値は日本国内と大差ありませんが、その車に使われているパーツの需要が高く、多走行&低年式になっている車の場合は輸出向けのパーツとしての廃車買取が有利に働きます。

 

海外への輸出ができる廃車買取業車

ここまでの内容から、海外輸出ができる業者に廃車買取を依頼されるメリットについてはご理解いただけたでしょう。

次に、廃車の輸出ができる肝心な業者についてご紹介しておきましょう。

カーネクストがベスト

廃車の輸出に関しては、カーネクストという業者に依頼される方法がベストでしょう。

なぜなら、カーネクストでは輸出の実績が豊富である事に加えて、どんな車であろうが手数料が絶対にかからないというメリットがあるのです。

他の業者でも廃車の手数料が無料であると謳っていますが、「レッカー移動が必要な場合は有料」などの例外として請求される可能性があるのです。

なので、買取に出しているのに、逆にお金を払う事になると本末転倒となりますので、そのような心配をする位であれば経験豊富なカーネクストへ依頼されるべきでしょう。

 

まとめ

以上のことから、廃車を海外へ輸出することは査定額に有利に働く事がありますが、車種によっては需要がなく通常の国内での廃車買取になる事を覚えておきましょう。

また、海外販路を持つ廃車買取の業者としては、カーネクストを選択されれば基本的に間違いないですので、特に申し込みしたい業者がいない場合はオススメです。

-廃車方法
-,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.