エンジンルーム

自動車関連コラム

オルタネーターが故障した?症状や修理にかかる費用とは

オルタネーターとは、車の始動や走行に関わる、車の重要な部品です。このオルタネーターが故障すると車が正常に動かなくなったり、エンジンがかからなくなることもあります。

ここでは、そんなオルタネーターの故障の症状や修理・交換にかかる費用オルタネーターの点検方法などをご紹介します。

廃車手続きはカーネクストに全てお任せしちゃいましょ

オルタネーターとは?

オルタネーターとは、具体的にどのような働きをしている部品なのでしょうか。オルタネーターが故障してしまうと車にどのような不具合が起こるのかなどと併せて解説していきます。

オルタネーターの働き

オルタネーターとは車に搭載されている小型の発電機のことで、オルタネーターが作動することによって電力がエンジンに供給されます。この電力によってバッテリーが充電されてるため、車が停止しているときでも電力を供給し続けることができるのです。このオルタネーターが故障すると、エンジンに電力が供給されなくなるため車が正常に作動しなくなり、エンジンがかからなくなってしまうこともあります。

ダイナモが使用されていることも

比較的新しい車であればオルタネーターが搭載されていますが、古い車の場合、ダイナモというものが搭載されていることがあります。このダイナモも発電機の一種ではありますが、整流器がないなど、オルタネーターとは構造が異なるため安定性が低く故障する可能性も高いです。オルタネーターの方がダイナモに比べ構造が簡単な分、高回転に対応することができ、アイドリング中もバッテリーを充電することができるため、ダイナモはオルタネーターに取って代わられるようになりました。

オルタネーターの寿命は?

オルタネーターの寿命は、10万kmを目安に交換するべきだと言われていました。しかし近年の車は技術が向上していることもあり、20万km走行しても交換の必要がないものもあります。オルタネーターは車の使用状況によって故障しやすくなることもあるため、走行距離はあくまでも目安として考えておきましょう。また、耐用年数は10年程度であると言われていますが、実際は10年も経たないうちに故障することが多いため、定期的に点検を行うことが重要です。

オルタネーターの故障の症状は?

オルタネーターが故障してしまったら、どのような症状が現れるのでしょうか。これからご紹介するような症状が現れた場合は、すぐに修理に出すなど、早めに対策を取るようにしましょう。

警告灯が点灯する

オルタネーターがうまく作動しないようになると、警告灯が点灯します。車によって表示形態は異なりますが、オルタネーターの故障の場合、バッテリーの警告灯が点灯することがほとんどです。走行中にバッテリーの警告灯が点灯する場合は、オルタネーターが正常に作動していないことになります。しかし、バッテリー自体の異常によってバッテリーの警告灯が点灯していることもあるため、一度オルタネーターの様子を確認してみるようにしましょう。

ポイント

走行中にバッテリーの警告灯が点いたり消えたりする場合は、オルタネーターに連結しているファンベルトに異常がある可能性が高いです。この場合は、ファンベルトの具合を調節したり、新しいファンベルトに交換するなどして対策を取るようにしましょう。

合わせて読んでもらいたい記事

車のメーターイメージ
車の警告灯一覧と意外と知らない人も多い?マークの本当の意味!

続きを見る

エンジンがかかりにくくなる

オルタネーターが故障していると、エンジンのかかりが悪くなります。エンジンがかかりにくいと感じたり、回転が不安定になる場合は、オルタネーターが故障している可能性が高いです。特に、バッテリーを交換したにも関わらずエンジンがかかりにくい場合は、電力の供給源であるオルタネーターが故障している可能性が高いため要注意です。走行中に急にエンジンが切れてしまう場合などは、すぐに修理してもらうようにしましょう。

オルタネーターから異音がする

オルタネーターは複数の部品で構成されているため、外から見て故障していないように見えても、内部が損傷している可能性は十分に考えられます。オルタネーター内部の部品は壊れやすいため、普段聞かないようなカラカラという音キーキーという高い金属音がしている場合は、オルタネーターが故障している可能性が高いです。オルタネーターからこのような異音がする場合は、プーリーの摩耗やベルトの緩みなどが考えられます。また、ウィーンといったような機械の作動音が聞こえる場合は、ベアリングが劣化している可能性が高いです。

異音の種類によって不調を起こしている箇所は異なりますが、異音がした時点でオルタネーターが故障している可能性は高いため、異音を感じた場合はアイドリングの状態でボンネットを開け、どのような音が聞こえるのかを確認し、不調の原因を探ってみましょう。

合わせて読んでもらいたい記事

ボンネットの中イメージ
エンジンから鳴るキュルキュル音の原因を徹底解説!

続きを見る

電気系統に異常が出る

オルタネーターは車に電力を供給している部品のため、不具合が起こると、ヘッドライトや室内灯、メーターパネルなどの車内の電気系統に異常が生じます。この場合、車の走行はしばらく続けることができますが、バッテリー電力のみで走行することになるため、やがてエンジンが停止してしまいます。電気系統に異常を感じたら、早めに修理に出すようにしましょう。

注意ポイント

エアコンやオーディオなどの電気系統の調子が悪い場合は、経年劣化などによりエアコンやオーディオそのものが故障していることもあるので、先にチェックするようにしましょう。

どんな車でも0円以上の買取保証!

オルタネーターの点検方法

オルタネーターの故障を避けるためには、日頃から点検しておくことが重要です。オルタネーターの点検はどのように行うのか、詳しく見ていきましょう!

1.オルタネーターの電圧を測定する

ます初めに、オルタネーターの電圧を測定します。電圧の測定には2人必要となり、下記の流れで行います。

オルタネーターの電圧測定方法

  1. エンジン以外の電気系統を全てオフにする
  2. オルタネーターの金属部分にテスターの黒いコードのクリップを固定する
  3. B端子の内部にテスターの赤いコードの検査棒を差し込む
  4. エンジンの回転数を2000rpmに保つ
  5. 数値が14~15Vになっていれば正常値なので、数値を確認する

2.オルタネーターの電流を測定する

電圧を測定したら、次はオルタネーターの電流を測定しましょう。

オルタネーターの電流測定方法

  1. エンジン以外の電気系統を全てオフにする
  2. クランプメーターの電源を入れ、スイッチを直流Aに合わせる
  3. エンジンを始動し、オルタネーターのB端子にクランプする
  4. エンジンの回転数を2000rpm程度に上げる
  5. 数値が30A以上になっていれば正常値なので、数値を確認する

数値が30A未満になっている場合は故障している可能性があるため、整備士に検査してもらうようにしましょう。

バッテリー&オルタネーターチェッカーで測定する

カー用品店やホームセンター、ネットなどで1,000~2,000円程度で販売されているバッテリー&オルタネーターチェッカーを使用すれば、ボンネットを開けることなく、オルタネーターの電力を測定したり、バッテリーをチェックすることができます。バッテリー&オルタネーターチェッカーを使用する方法は下記のとおりです。

バッテリー&オルタネーターチェッカーの使い方

  1. バッテリー&オルタネーターチェッカーの端子をバッテリーにつなぐ
  2. ブースターケーブルの赤い方をバッテリーのプラス端子に、黒い方をマイナス端子につなぐ
  3. バッテリーチェックを示すランプが点灯するので、ランプが3つとも点灯し、充電量が十分であるかを確認する

ランプが途中までしか点灯しなかった場合、バッテリーの充電量が十分ではないということになります。ランプが1つしか点灯しない場合は、業者などに検査を依頼するようにしましょう。

バッテリーの確認が終わったら、次はオルタネーターの電圧をチェックします。オルタネーターの電圧チェックは車のエンジンを始動させ、計器を確認するだけで完了します。電圧に応じて3段階のランプが設定されており、オレンジのランプだけ、もしくは緑とオレンジのランプだけが点灯していれば、正常な電圧が流れているということになります。3つのランプのうち3つともが点灯していたら、流れている電圧量が多すぎるというサインなので、業者などに検査してもらうようにしましょう。

オルタネーターの修理・交換費用

オルタネーターが故障してしまったら、修理工場やディーラーなどですぐに修理や交換を行ってもらう必要があります。オルタネーターの修理や交換にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

オルタネーターの修理費用

オルタネーターの故障が修理で対応できる場合、費用はそこまで高くなりません。修理を業者に依頼する場合、基本的には損傷した部分の修理+部品交換となることが多く、下記がおおよその相場になります。

オルタネーターの修理費用

  • オルタネーターベルトの修理代+部品代:1,000~3,000円
  • ベアリングの修理代+部品代:1,000~3,000円

この修理代+部品代に作業工賃がプラスされますが、この3つを足しても1万円以内で済むことがほとんどです。修理だけで済む場合もありますが、部品を交換しても費用はそれほど高くならないため、一緒に交換してもらうことをおすすめします。

オルタネーターの交換費用

修理+部品交換では対応できない故障の場合、オルタネーターを交換する必要があります。交換するオルタネーターには、新品ものと廃車になった車の部品などを再利用したリビルド品(中古)があります。オルタネーターの交換にかかる費用の相場は、それぞれ下記のとおりです。

オルタネーターの交換費用

  • 新品のオルタネーター:50,000~100,000円
  • リビルド品のオルタネーター:10,000~20,000円

この価格に作業工賃が1万円ほどプラスされます。新品のオルタネーターであれば費用は高くなりますが、品質面では安心です。反対にリビルド品は費用を安く抑えることができますが、中には品質が悪いものもあり、またすぐに故障して、総額が高くなってしまう可能性もあります。そのため、リビルド品に交換するのであれば、きちんと品質を見極める必要があります。

また、ディーラーにオルタネーターの交換を依頼すると、より割高になる可能性があります。オルタネーターを交換するとなると費用はどうしても高くなってしまうため、故障は早めに見つけ、修理で済ませることが望ましいです。

自分で修理できる?

オルタネーターの修理や交換を自分で行えば作業工賃などが発生しないため、かかる費用を安く抑えることができます。しかし、オルタネーターは車にとって重要な部品であるため専門的な知識が必要となり、正しく修理や交換を行えなかった場合、別のパーツまで故障してしまう可能性もあります。その場合はさらに修理が必要となり、総支払額が高くなってしまうことも考えられるため、修理工場やディーラーに依頼することをおすすめします。

まとめ

オルタネーターは故障してしまうと車が動かなくなってしまうため、日頃から点検を行い、早めに異常を見つけることが大切です。修理と交換でも費用は大きく異なるため、修理で済むような故障に留めたいですよね。
オルタネーターが故障するということは、それだけ車に長く乗っているということでもあります。年式が古い、走行距離が多い、車検が迫っているなどの場合は、これを機に車の乗り換えを検討してみるのもいいかもしれません。

車の乗り換えを考えている場合は、廃車買取業者に買取を依頼することで、オルタネーターが故障していても買い取ってもらえる可能性が高いです。一度、廃車買取業者に査定を依頼してみましょう。

【廃車買取業者カーネクスト】
簡単20秒で無料査定!

-自動車関連コラム
-, ,

© 2020 廃車手続きするなんてもったいない!