敏腕整備士

自動車関連コラム

12ヶ月点検(1年点検)は必要?受けるメリットや費用を徹底解説!

車で安全に走行するためには、定期的に点検や整備を行う必要があります。車は新車購入から3年後、その後は2年ごとに車検を受けなくてはなりませんが、実は車検だけでなく、12ヶ月点検などの法定点検を受ける義務が法律で定められています
こちらでは、12ヶ月点検とはどのようなものなのか受けるメリットかかる費用などと併せて詳しく解説していきます。

必ずどんな車も0円以上で買取ります

12ヶ月点検(1年点検)とは?

まずは、12ヶ月点検がどのようなものかを、詳しく見ていきましょう。

12ヶ月点検は法定点検

12ヶ月点検は、道路運送車両法第48条によって受けることが定められている車の点検、法定点検に分類されます。法定点検とは、車に故障やトラブルなどが起きないよう、事前に行う点検や整備のことです。法定点検には自家用車の場合、1年ごとに行う12ヶ月点検と2年ごとに行う24ヶ月点検があり、点検項目がそれぞれ異なります。24ヶ月点検は車検と同時に行うことがほとんどですが、12ヶ月点検はあまり意識していない方も多いかもしれません。しかし、この12ヶ月点検は車が安全に走行するために必要な点検なのです。
また、バスやタクシー、レンタカーなどの事業用自動車や貨物自動車などの場合は、3ヶ月点検や6ヶ月点検もあり、点検を行う頻度がより高くなっています。

車検との違い

法定点検の中でも24ヶ月点検は車検と同時に実施されるため、車検との違いがよく分からないという方も多いかもしれません。車検は車が保安基準に適合しているかどうかを確認するための検査であるのに対し、法定点検は車が故障なく安全に走行できるかどうかを確認するための点検です。数多くの部品によって構成されている車は使用していると必ず劣化していくため、定期的な点検や整備などをきちんと行わなかった場合、重大な故障を引き起こす可能性もあります。保安基準に適合しているかどうかを確認するための車検では、車の安全走行性や不具合などを点検することはできないため、車検に通ったからといって車に不具合や故障がないというわけではないのです。車で安全に走行するためには、12ヶ月点検などの法定点検をきちんと受けるようにしましょう。

12ヶ月点検は義務?

車検を受けることは運転者の義務となっており、車検が切れた車で公道を走行すると、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金、違反点数6点、30日間の免許停止処分となります。しかし、法定点検である12ヶ月点検や24か月点検は、道路運送車両法で義務付けられている点検ではあるものの、行わなかったとしても罰則や罰金などが科されることはありません。とはいえ、車のメーカーも12ヶ月点検を行うことを前提に車を作っており、安全に走行するために必要な点検であるため、きちんと受けるようにしましょう。
自家用車の場合、12ヶ月点検などの法定点検を行わなかった場合でも、罰則や罰金などが科されることはありませんが、バスやタクシー、レンタカー、トラックなどの事業用自動車の場合は、罰則や罰金が科せられます。最悪の場合、運航停止命令などの罰則が科されることもあるため、注意しておきましょう。

明確な期限はない

24ヶ月点検は車検と同時に行われますが、12ヶ月点検を受けるべきかを迷う方は多いのではないでしょうか。12ヶ月点検は、前回の点検日から12ヶ月以内に行うことが望ましいですが、特に期間などは定められていません。ただし、前回の点検日からあまりにもすぐであったり期間が空きすぎてしまった場合は点検の意味がなくなってしまうため、12ヶ月のサイクルを正しく守るようにしましょう。12ヶ月のサイクルを守ることで、不具合などを正しいタイミングで点検することが可能となり、修理費用の節約にもつながります。また、ディーラーや整備工場によっては一定期日までに12ヶ月点検を受けることで、点検費用の割引サービスなどを行っているところもあります。事前にチェックしておくようにしましょう。

12ヶ月点検を受けるメリット

整備

12ヶ月点検を受けることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

車の安全性を保つことができる

12ヶ月点検を受ける最大のメリットは、整備不良や不具合などによる車の故障を未然に防げることです。特に、足回りの点検は日常点検などで行うことができないため、12ヶ月点検で状態をチェックしておく必要があります。また、12ヶ月点検を行うことで故障から起こる事故なども防ぐことができるため、安心して車に乗ることができます。車の保安基準に適合しているかどうかを検査する車検だけでなく、車が安全に走行できるかどうかを確認する12ヶ月点検を受け、車の安全性を保つようにしましょう。

修理にかかる費用を節約できる

車の故障を未然に防ぐことで、修理にかかる費用を節約することにもつながります。修理費用は高額になりやすいため、重大な故障が起きる前に対処することが重要です。また、12ヶ月点検を受けておくと、点検項目に該当する箇所の不具合や故障が起きた場合、メーカー保証を受けることができます

点検整備記録簿で買取価格アップ

12ヶ月点検などの法定点検を行うと、点検整備記録簿に車のどの部分を修理したのか、どの部品を交換したのかなどが記されます。こういった点検や整備の記録が残っていると、きちんと点検を行い、丁寧に乗っている車だという証明になり、買取価格がアップしやすくなります。これは、中古車買取業者が中古車として販売しやすい、新しいオーナーが中古車として買いやすいためであり、同じ車種、同じ年式、同じ走行距離の車であっても、点検整備記録簿があるだけで査定時の評価は高くなるのです。

事故の法的責任が軽くなる可能性がある

交通事故を起こしてしまった場合、運転者は「民事責任」「行政責任」「刑事責任」の3つの責任が問われることになります。ただし、万が一事故を起こしてしまったとしても、12ヶ月点検などの法定点検を受けている場合、きちんと点検や整備を行っていたという証明になり、運転者の法的責任が軽減される可能性があります。12ヶ月点検などの法定点検を行ったことは、点検整備記録簿で証明することができるため、万が一の備えとしてきちんと保管しておくようにしましょう。

どんな車も高価買取

12ヶ月点検にかかる費用

12ヶ月点検にかかる費用や、点検費用を抑える方法などをご紹介します。

業者によって費用は異なる

12ヶ月点検は様々な業者で受けることができますが、どの業者に点検を依頼するかによってかかる費用は異なります。業者ごとの点検費用の相場は、下記の表のとおりです。

ディーラー 11,000~21,000円
カー用品店 6,000~15,000円
ガソリンスタンド 7,000~17,000円
整備工場 6,000~15,000円
車検専門店 6,000~15,000円

これらの費用は点検にかかる費用のため、点検を行った結果、部品の修理や交換を行わなければならない場合は、別途費用が必要になります。事前にいくつかの業者に見積もりを取っておき、費用の相談を行うことをおすすめします。

自分で点検して費用を抑える

24ヶ月点検には車をリフトアップしなければならない点検項目が含まれているため、車検のタイミングでディーラーや整備工場などに依頼するのが一般的ではありますが、12ヶ月点検は自分で行うことができます。国土交通省のホームページなどで「自動車の点検及び整備に関する手引き」が公開されており、点検や整備の仕方などが記載されているため、費用を抑えたいという方は自分で12ヶ月点検を行ってみてもいいでしょう。ただし、自分で修理を行うことで思わぬ故障を招き、かえって修理費用が高くつく可能性もあります。点検や整備に自信のない方は、業者に12ヶ月点検を依頼することをおすすめします。

12ヶ月点検の検査項目

12ヶ月点検で点検する箇所や点検内容をご紹介します。

かじ取り装置

かじ取り装置とは、ステアリングリンケージおよびステアリングギヤでできている、車の進行方向を変える装置のことです。

点検箇所 点検内容
パワーステアリング装置 ベルトの緩みおよび損傷

走行装置

走行装置とは、車両の足回りに関する機構の総称です。ホイールやブレーキ、かじ取り装置、サスペンションなどが含まれます。

点検箇所 点検内容
ホイール タイヤの状態
ホイール・ナットおよびホイール・ボルトの緩み

制動装置

制動装置とは、車を減速・停止させる装置のことで、止まっている車が動き出さないようにする働きをしています。

点検箇所 点検内容
ブレーキ・ペダル 遊びおよび踏みこみ時の床板との隙間
ブレーキの利き具合
駐車ブレーキ機構 引きしろ
ブレーキの利き具合
ホースおよびパイプ 漏れ、損傷および取り付けの状態
マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダおよびディスク・キャリパ 液漏れ
ブレーキ・ドラムおよびブレーキ・シュー ドラムとライニングとの隙間
シューの摺動部分およびライニングの摩耗
ブレーキ・ディスクおよびパッド ディスクとパッドとの隙間
パッドの摩耗

動力伝達装置

電力伝達装置とは、エンジンから駆動車輪に回転エネルギーを伝えるパーツ類の総称です。クラッチやトランスミッション、プロペラ・シャフトなどが含まれます。

点検箇所 点検内容
クラッチ ペダルの遊びおよび切れたときの床板との隙間
トランスミッションおよびトランスファ 油漏れおよび油量
プロペラ・シャフトおよびドライブ・シャフト 連結部の緩み

電気装置

電気装置とは、車に備え付けられている各種電気、電子機器のことです。点火装置やバッテリー、電気配線などが含まれます。

点検箇所 点検内容
点火装置 点火プラグの状態
点火時期
ディストリビュータのキャップの状態
バッテリー ターミナルの接続状態

原動機

原動機とは、エンジンを中心とした動力源のことです。潤滑装置や冷却装置などが含まれます。

点検箇所 点検内容
本体 排気の状態
エア・クリーナ・エレメントの状態
潤滑装置 油漏れ
冷却装置 ファン・ベルトの緩みおよび損傷
水漏れ

マフラー・エグゾーストパイプ

マフラーとは排気ガスを車外に出す排気管のことで、エグゾーストパイプはエンジンから出る排気ガスをマフラーに送る排気管のことです。

点検箇所 点検内容
マフラーおよびエグゾースト・パイプ 取り付けの緩みおよび損傷

まとめ

12ヶ月点検は受けなくても罰金や罰則などが科されることはありませんが、車で安全に走行するためにはきちんと受けておくことが大切です。12ヶ月点検で車の点検や整備を行うと車が故障する前に対処することができるため、修理費用を抑えたり、車の寿命を延ばすことにもつながります
12ヶ点検は自分でも行うことができるため、整備などに慣れている場合は自分で行うことで修理費用を抑えることができます。ただし、自分で修理することで思わぬ故障につながり、かえって修理費用が高くなってしまう可能性もあります。自分で12ヶ月点検を行うのが不安だという方は、業者に依頼するようにしましょう。
また、長く乗っている車で修理費用が高額になる場合は、今乗っている車を廃車にして乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。廃車買取業者に一度見積もりを取り、修理費用と比較してみるようにしましょう。

買取保証!

-自動車関連コラム
-,

© 2022 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!