台風イメージ

自動車関連コラム

台風被害を受けてしまった。自然災害は保険が使える?

毎年ものすごい勢いで日本列島に上陸する台風。大雨や暴風で道路が冠水してしまったり物が飛んできたりといつ被害を受けてしまってもおかしくありませんよね。自動車にもいつどのような損害が生じてしまうかわかりません。台風の季節に備え万が一のことがあっても対応できる様に保険内容や修理費用の相場を知っておきましょう。

廃車手続きはカーネクストに全てお任せしちゃいましょ

車両保険について

台風などの自然災害で被害を受けってしまった車の保険を使うには、まず強制保険と呼ばれる自賠責保険のほかに任意保険といって自分で保険に加入していなくてはいけません。任保保険に加入している場合、車両保険がセットになっているかを確認しましょう。車両保険とは自分の車にかける保険のことです。自賠責保険とは違い契約している車が衝突や接触して被害を受けた場合に修理費用などを補償してくれるものになります。この車両保険がどこまで自然災害での被害を補償できるのかを見ていきましょう。

車両保険が使える自然災害

車両保険で補償される自然災害は以下となります。こちらで記載しているものは一般的なものとなりますので詳しくは、ご自身が加入している保険会社にご確認して下さい。

台風・竜巻・高潮での損害

  • 機械駐車場ごと浸水してしまった場合
  • 台風によって飛んできた物が車にあたった場合
  • 竜巻で車が飛ばされた場合
  • 台風でドアが大きく開き車が傷ついた場合
  • 高潮によって水没してしまった場合
  • 高潮によって車が流されてしまった場合

大雨・ゲリラ豪雨・洪水での損害

  • 機械駐車場ごと浸水してしまった場合
  • 走行中の冠水道路への侵入
  • 土砂災害に巻き込まれてしまった場合
  • 河川氾濫し水没してしまった場合

雹(ヒョウ)・霰(あられ)・落雷での損害

  • 雹や霰があたりボンネットや屋根がへこんだ場合
  • 雹や霰が当たり窓ガラスが割れた場合
  • 車に落雷し穴が開いた場合
  • 車に落雷し窓ガラスが割れた場合

大雪・雪崩での損害

  • 車に雪が積もり重みで屋根がへこんだ場合
  • 雪などで崩れたカーポートの下敷きになってしまった場合
  • 雪崩に巻き込まれた場合

車両保険が使えない場合

自然災害の中では車両保険では保証されないものもあります。地震噴火津波は広範囲にわたり巨大な損害を発生させるため適切な保険料が設定できないことから保険会社の多くは車両保険の補償対象外となっています。保険会社によっては、一時金をお渡しするといった特約を販売している会社もあります。

車両保険の補償がないもの

  • 地震による車への被害
  • 噴火によって噴石や火山灰で傷がついた場合
  • 津波で車が流されたり水没してしまった場合

車両保険では保証されず修理が高額となってしまう場合は、多くの方が廃車をお考えになります。廃車にしなければいけない車でもしっかりと価値は残っていますので、そのような場合は廃車費用が発生してしまうディーラー中古車販売店に依頼するのはお勧めできません

廃車にするしかないといった車でも廃車買取業者であれば廃車費用がかかることなくむしろ買取価格をつけて引き取ってくれるのです!ご自身の車が被害にあってしまった場合は、車の修理費などを考慮し判断しましょう。
どんな車でも0円以上の買取保証!

自然災害で車両保険を使うと等級は下がるのか

自動車保険は事故内容と事故件数に応じて、契約ごとにノンフリート等級というものが設定されています。この等級というのは、それぞれ割増引率が設定されていて保険料の算出に使われます。事故をしなければその翌年の等級が1つ上がり、事故を起こし保険を使うと翌年に等級が下がるという仕組みです。

損害の内容によって「3等級ダウン」「1等級ダウン」「ノーカウント」の3つの判定がなされます。では自然災害の場合はどうなるのでしょうか。

3等級ダウンの事故

保険を使った場合に翌年の契約の等級が3等級下がる事故の内容としては、他人を死傷させてしまった場合・他人の物を壊した場合・自分の車を壊した場合など、大半のケースが3等級ダウンの事故となってしまいます。基本的に事故を起こし保険を使うと3等級ダウンとなります。

1等級ダウンの事故

保険を使った場合に翌年の契約の等級が1等級下がる事故の内容としては、自然災害(台風・竜巻・洪水・高潮・大雪など)による損害、盗難・火災・爆発・落書き・いたずら・窓ガラスの破損などは1等級ダウンとなります。

自然災害ではこの1等級ダウンに当てはまりますので、自然災害に合い保険を使用した場合は翌年の等級が1等級ダウンしてしまう事になります。

ノーカウントの事故

事故を起こしてしまったとしても事故内容によっては事故件数にカウントされず無事故扱いになる場合はノーカウント事故と言います。この場合は翌年に等級が下がらずノンフリート等級は1等級上がります。

特約などで保険金を請求するだけの事故を起こした場合も一般的にノーカウント事故と判断されます。

車へのダメージと修理の相場

自然災害などでよく起こりうるのは水害です。車への被害はやはり多くダメージとしてもかなり大きいものとなってしまいます。水没・浸水してしまった車は部分ごとにトラブルが起きやすく修理ではどうしようもないことも多々あります。では一番とされる水害では目に見えるトラブルと見えないトラブルがあります。同じ水害でも真水と海水では車へのダメージもかなり変わってきます。車はどのようになってしまうのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

電気系統のトラブル

車には数多くの配線が通っておりエアバックコントローラーやエンジンコンピューター等、車の心臓ともなる重要装置が様々取り付けられています。これらが水に濡れてしまうと誤作動が起きてしまったり、ショートして焼け落ちてしまったりします。特に海水による水没・浸水となれば海水は普通の水よりも電気を通しやすいため電気系統のショートにより火災が大変起こりやすくなります。また電子制御部品の端子など金属でできていることからすぐには目に見えたトラブルが起こらないとしても腐食などによる劣化で後々、思わぬ故障に繋がる恐れもあるのです。

電気系統が水没・浸水してしまった場合は修理は基本出来ません。全て部品交換となってしまうため安いもので2~5万円のパーツ高いもので10万円以上エンジン交換ともなると10~100万円とパーツによってかなり差があるものの、水没・浸水してしまっている場合は複数個所の部品交換が必要となってくるため、修理代だけでもかなりの高額になってしまいます。

部品の劣化

水没・浸水したのが真水なのかで車の劣化状況はかなり変わってきます。大雨や台風などの真水による水害は、すぐに部品交換を行い対処することで被害は少なく済むこともありますが、津波などの海水によって水没・浸水してしまった場合は海水に含まれる塩分によって急速に金属部分が腐食してしまいます。部品交換を行ったとしてもそれ以外に塩分がついてしまっている部分は金属の酸化が一気に進んでしまいます。海水の場合は部品交換をしても塩分を完全に除去しなければその部分から腐食してしまうのです。

さらに、フロアやカーペット、シートなどが水没・浸水してしまった場合、いくら表面上綺麗にしたとしても車内は通気性がとても悪いためカビや雑菌等がすぐに繁殖してしまいます。水没・浸水しすぐに内装部を取りはずし乾燥させたとしても、臭いが残ってしまいます。

廃車の可能性

自然災害の場合、損害規模にはかなり差があるものです。窓ガラスが割れてしまったり、ボディに傷がついてしまったというだけで済めば軽い修理で済みますが、水没・浸水になってしまうと修理をするよりは廃車を考えなければいけないことも多くあります。軽い水没・浸水だからと修理をして使用できたとしても、次々に不具合が出てくることもよく聞きます。そういった場合は早い段階で廃車にする決断も大切です。

廃車となるとすぐ思い浮かぶのは中古車販売店やディーラーへの相談だと思われる方が多くいらっしゃいますが、ディーラーは基本的には新しく自動車を購入してくれる方の古い自動車を下取りしますよ。というもので、廃車費用が発生することもよくあります。水没車となると中古車販売店ではまず100%売れることありません。

そんな時に頼りになるのが廃車買取業者です。廃車買取業者は自動車のパーツの価値を一つ一つ査定し買取を行っているため、どのような状態の車でも買取が可能となっています。自然災害で被害を受けてしまった車でも買取が可能となるケースがほとんどですので、廃車という選択肢があるなら一度無料査定を行ってみましょう!

【廃車買取業者カーネクスト】
簡単20秒で無料査定!

まとめ

季節ごとに様々な自然災害は発生します。どのような保険を選ぶのか、また被害にあってしまった場合どこまでがカバーできるのかをしっかりと確認しておきましょう。自然災害はいつ、どこで発生するかわかりません。いつ自分が被害にあってしまうかわかりませんのでしっかりと備えましょう!

【都道府県別】廃車を高く売る方法

都道府県別に廃車を高く売るにはどうすればいいのか。車を廃車にするには高く買い取ってもらいたいですよね!そんな廃車買取のノウハウを都道府県別にご紹介しています!

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

【廃車】・【費用】等に関連するページ

 

-自動車関連コラム
-, ,

© 2020 廃車手続きするなんてもったいない!