廃車イメージ画像

自動車関連コラム

残クレで車購入するときつい?騙されたと感じるローンのカラクリとは

新車を買いたいと思い立ったら、まず思いつくのは現金購入だと思います。しかし、まとまったお金をすぐに使える人は少ないはずです。

次に思いつくのは、ローンを組んで月々の支払いで車を購入することですが、この場合、頭金やボーナスがないと支払いが長くなったり、月々の支払いが増えたりします。こういった購入方法しかなかったのですが、最近では残クレという購入方法が出てきました。

今回は残クレとは何なのか、ローンとどう違うのか、どういった仕組みなのかをお伝えしていきます。

必ずどんな車も0円以上で買取ります

残クレっていったい何なの?

残クレとは、正式名称「残価設定クレジットとよばれ、はじめに車の残存価値を差し引いたものを支払っていく仕組みです。

残価価値とは、普通に購入する場合の下取り価格にあたり、その計算方法は、

  • 車種
  • 契約年数
  • その間の走行距離

から計算されていきます。残クレでの支払い方法は、はじめから残価価値を除いた金額でローンを組むような形になるのです。では、残クレを使用した購入でのメリットや支払い方法などをご紹介していきます。

魅力は本体価格を全額払わなくても乗り換え可能な点!

残クレの魅力は、残価価格を差し引いた金額のみを支払っていくので、フルローンを組むよりも、月々の支払いはかなり少なくて済むという点です。

誰もが望んでいることは、月々の支払料金を安く抑えて無理のない生活を送ることでしょう。

今までの通常ローンでは、月々の支払いを抑えるために、頭金やボーナスをかなりの額入れないと難しかったのですが、残クレの場合はそれが無くても月額払いを抑えられます。もちろん、頭金やボーナスを入れられる人は、更に月々の支払額が抑えられて、より楽に返済が可能です。

そして残クレでは、車両価格を全て支払い終える前に乗り換えが可能な点も魅力の一つではないでしょうか。通常のローンであれば難しかったこの乗り換え方法ですが、残クレではスムーズに乗り換えを行うことができます。

そして支払いの部分だけでなく、契約完了後の乗り換え時には、下取り金額を気にすることもなく次の車の購入を考えられます。特に貯金額が比較的少ない新社会人の方は、この方法を利用し車を購入すれば金額の高い車も選択肢に入れることができオススメです。

余裕を持って支払いをするために大切なこととは?

コインと時間

「ローンを組んだはいいけど支払いがきつくなって支払うことができなくなった」車を購入する方の中にはこのような人もいます。では、どんな状況で支払いがきつくなるのかをまず考えてみましょう。

失業などをしてしまうとこのような状況になっていしまいますが、一般的には「結婚」「出産」「子供の教育費」などによって生活に変化が現れます。今までの生活水準であれば余裕を持って支払いができていた人でも、家族が増えるとその分支出額は多くなるでしょう。また子供が生まれた場合、パートナーが働けなくなってしまうため、お金の負担が一人にかかってくるのです。

そのため残クレを契約する際、ローンを支払いながらでも貯金ができる金額であるかどうかという点を意識することが大切ではないでしょうか。いかに支払額が少ないとは言っても、身の丈に合わないような高い車を購入すると、そこはローンと同じく返済が苦しくなります。

今まで貯めた貯金が多い人は、そのお金を費やして返済にあてることも良いかもしれませんが、あまりにつぎ込みすぎるのは注意が必要です。また、頭金がない人でも、なんとなく返済額を決めてローンを組んでしまうと、生活の変化で苦しくなる可能性も十分考えられます。

つまり残クレを契約する場合、自分の年収今後の状況貯金額などを十分に考慮し返済シミュレーションをしておくことが重要なのです。

残クレの支払いはきついってホント?

今までの説明では、残クレがとてもよい支払いのように思われますが、良い部分だけではないことも説明しておきます。事故を起こしてしまって修復歴のある車は、当然価値が下がりますが、それは下取りでも残クレでも同じです。

車両なので運転中に壁にぶつけてしまったり、飛び石でボディーに凹みが出来たりと移動中にどうしてもキズをつけてしまうことがあります。このような場合、最終の残価価値に影響してしまうのです。

では、車両価格が下がってしまったらどうなるのでしょう。残クレは、前もって査定価格を設定しているので、その設定価格より下がってしまった時は、プラスで契約者自身が支払わなければなりません

もしくは、大きな事故で価値が全くなくなってしまった場合、買い取ってもらえなくなったりもします。そのため大きな事故の場合は、車両保険を使用して残価分を支払う方法がオススメです。ただし車両保険でも登録から2年経過してしまうと、保険価格も下がり残過分全てを賄うのは難しくなってしまいます。

このように残クレで車を購入した場合、事故や走行距離によっては多額の支払いが発生し、思ったように支払いが終わらないというトラブルが発生することもあるのです。そのため車の購入を検討する際はもちろん、車を購入後も事故を起こさない、車両価値を下げないなど大切に車を使用することが大切だといえるでしょう。

あなたの愛車はいくら??

車の使用に制限が多い

残クレの場合、残価価値を前もって決めてしまうので、その車に対しての使用制限がかかってきてしまいます。使用制限とはすなわち、残存価格より価値が下がらないように使用してくださいね、ということです。
先にも述べたように、キズが付いた車両や、修復歴が付いてしまった車両は残価価値に影響してきますが、それ以外にも、車の価値が下がってしまう基準があります。

それは、はじめに設定される月間走行距離です。もちろん走行距離が少ない方が価値が上がり、距離の多い方が価値は下がります。

多少の差なら、ディーラーも差額を請求しないでしょうが、あまりにも距離が延びてしまったら、追加料金を求められてしまいます。このように、思いのほか走行距離が増えてしまった、車両にキズをつけた、修復歴が付いてしまったなど、運転していたら必ず起こりえることも気にしないといけません。

このようにローンでは気にしなくてもよかった部分を、残クレでは気を付けながら乗る必要があるのです。

結局カーローンとあまり変わらないのでは?

残価価値分差し引いた額を支払いしていくことが可能な残クレですが、ローンとあまり変わらないのではないかと思えてきます。では残クレとローンでの大きな違いはなんなのでしょうか。

また残クレだと金利が安いイメージが先行しがちですが、本当に安いのかまた、残クレで購入した車を乗り続けた結果どうなのか知りたい方も多いと思います。まずは、ローンとの比較をしてみましょう。

元金250万円5年契約・年率3.9%で比較してみました。条件としては残クレ、ローン共に乗り換えをせず車両価格を全て支払うことを前提としています。

残価設定ローン 通常ローン
初回支払 3万5526円 4万7614円
月々の支払 3万4000円 4万5900円
手数料 33万1526円 25万5714円
最終回支払額 79万円 0円
クレジット支払総額 283万1526円 275万5714円

このように今乗っている車を気に入って、残価分を支払って乗り続けることを選択した場合、総支払が高くなってしまいます。

残クレの金利を安くしているといって販売しているお店もあるかと思いますが、結局のところローンと比べた場合あまり安くはないのです。ただし、最終回で手放すか、次の車を購入する選択をすれば、残価分を支払う必要がないので、月々の払いを抑えられ、手軽に乗れることには間違いありません。

そして考えないといけないのが、実は下取り価格の方が、残価価値よりも高い可能性があるということです。例えば、ジムニーなどの人気車種を購入して、5年後に買い替えをする場合、下取り価格の方が確実に高いといった場合があります。

他にもローンだと金利が高いイメージですが、安い低金利の銀行などもあるので、しっかり調べて車両の購入プランを選ぶようにしましょう。

まとめ

残クレで月々の支払いが安く、総額支払いも安く抑えられたと手放しに喜んでばかりはいられません。残クレを選ぶうえで気をつけなければならない点は、残価分も支払うのかどうかです。

先ほどもお伝えしたように契約満了時に残価分を払って乗り続ける場合、ローンを組んで購入した方が安くなる可能性があります。また次の車を契約するにしても、ずっと支払いが生じてしまうので途切れることがないというデメリットもあります。

しかし頭金が不要であることや支払いが楽であることは、残クレの魅力です。そのためローンを組むのか、残クレにするのかを慎重に選ぶことをオススメします。

残クレはまとまったお金がない人でも車を購入することができる支払い方法です。現在、車が必要だけど頭金がないという方は、残クレも検討してみてはどうでしょうか。

買取保証!

-自動車関連コラム
-, ,

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!