自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

車の手放し

廃車方法

車の処分方法一覧。どの廃車方法が一番楽でお得なのか。

投稿日:

車を処分しようと考えた場合、どの方法で廃車にすべきか悩まれる方も多いでしょう。

それだけ、現在は廃車手続きを行う方法が多様化してしまい、情報も溢れかえっている状態なのです。

そんな状況では、全ての方法を調べるのは手間ですので、ここで処分方法の一覧をご紹介いたします。

廃車の体験談

廃車買取の査定額が0円だった車を20万円に化けた話を公開中!

ヒントは『海外販路』です。

>>実際に廃車を売った話

一番ベタな車の処分方法

車の輸送

まずは一番利用者が多く、ベタな車の処分方法についてご紹介しておきましょう。

その方法とは、このサイトでも頻繁にご紹介している廃車買取業者への廃車依頼となります。

とにかく楽チン

この廃車買取業者への依頼という選択肢ですが、この方法のメリットは何と言っても、処分に必要な手続きが非常に簡単で手軽である点が挙げられます。

実際にお客側が行う事といえば、以下の3ステップのみとなります。

廃車買取の流れ

  1. 申し込み
  2. 書類の準備(車検証など)
  3. 車と書類の引き渡し

の3ステップのみとなります。

今の時代は電話をかけずとも、申し込みもネットから行うことが可能ですので、書類の準備の際に外出するだけで大丈夫となっています。

廃車レベルの車でも買取可能

そして、廃車買取業者の最大のメリットは、廃車レベルの車であっても買取を行ってくれるというポイントにあります。

一般的な中古車買取店では、その様な車を査定に出すと買取拒否もしくは引き取るが費用がかかるという状況になりますが、廃車買取業者の場合は車という存在ではなく、車に使われている鉄資源の買取というビジネスモデルのですので、廃車でも買取を行ってくれるのです。

もちろん、廃車買取でも業者ごとにその還元率は異なりますので、業者選びを間違えると中古車買取店と同じ様に費用がかかります。

>>手数料が無料の業者

 

処分したい車がまだ乗れる場合

続いては、処分したい車がまだ乗れる状態だった場合の方法について、ご紹介したいと思います。

この場合は、年式は古くなっているが特に走行に支障はなく廃車にするには少し勿体ないという車などの場合ですが、この場合でも上記でご紹介した「廃車買取業者」という選択肢も可能です。

しかし、まだ乗れる車ならではの処分方法もございますので、そちらを重点的にご紹介いたします。

家族への譲渡

まず一つ目の方法としては、家族への譲渡という選択肢です。

この場合、同居の子供にあげるなどするのであれば、譲渡すると言っても名義などはそのままでも問題はありません。

ネコ店長
厳密にいえば、名義変更は必要です。

また、同居であれば車検証の住所変更なども不要ですので、単純に子供に使わせてあげる程度の考えで大丈夫です。

ただし、子供が主に車の利用するのであれば、任意保険や自賠責の保険適用範囲の確認は念入りに行いましょう。

というのも、保険適用の対象者が両親の名義のみの場合、子供が事故を起こしたとしても保険適用外で全額実費負担となってしまうのです。

ネコ店長
保険だけは本当に注意しましょう。

友人・知人への譲渡

2つ目の方法としては、友人や知人への譲渡です。

これに関しては金銭の授受に関しては特に決まりはないので、個人間で納得のできる方法での譲渡を行いましょう。

ただし、この場合は中古車として売りに出す方法と同じ手続きが必要ですので、名義変更に加えて保険の解約・新規加入など漏れなく行う必要があります。

また、名義変更は平日の夕方までに運輸支局へ足を運ぶ必要がありますので、2人もしくは1人は手続きのために休みを取る必要が出ます。

ネコ店長
他にも1万円前後で行政書士に依頼するという方法もあります。

中古車買取店に買取に出す

3つ目の方法は、やはり走れる車ですので中古車買取店への買取に出すという方法です。

もちろん、その車の状態次第とはなりますが、特に譲渡したい人物もいない場合は買取金額を受け取れる中古車買取店への売却が一番でしょう。

この場合は、運輸支局での手続きも買取店が代行で行ってくれますので、手間も省くことが可能です。

ただ、走れる車といっても、あまりにもボロボロの車の場合は処分費用の請求をされる可能性もございますので、そういった車の場合は廃車レベルの車でも依頼できる業者に買取に出す様にしましょう。

 

ディーラーに依頼する方法

ディーラーでの廃車

次にご紹介する方法は、車の状態問わず利用できる方法で、ディーラーに引き取りを依頼するというものです。

この方法に関しては、乗り替えを行うのか単に手放すだけなのかで依頼内容が異なりますので、それぞれのパターンでご紹介いたします。

乗り替えの場合は下取りで

まず初めに、今の車を処分して新しく新車をディーラーで購入する場合にのみ利用できる処分方法があります。

その方法は「下取り」という方法で、今ある車をディーラーに譲渡する代わりに、新車購入時の金額から引き取る車の価値に合わせて割引を適用させてくれるという方法です。

おそらく車の買い替え方法の中でも、この下取りは群を抜いて楽に手続きを行うことが出来る方法で、下取りに出す車に乗ってディーラーまで運転していき、帰りはそのまま新車に乗って帰るという何とも気分の良い買い替えが可能なのです。

ただ、その反面、ディーラーでの下取り額は一般的な中古車買取よりも安く設定されていますので、金額面でのメリットはマイナス点となります。

廃車の代行依頼

ディーラー活用の2つ目のパターンとしては、車を単に手放し際に利用できる方法で、解体→運輸支局での廃車申請といった手続きの代行依頼をするという内容です。

もちろん、この依頼をする場合はその車が依頼するディーラーで購入した車である必要がありますので、万人が利用できる方法ではありません。

更に言えば、ディーラーに廃車代行を依頼されるとその手数料として1万〜2万円の費用がかかりますので、これに関しては正直なところデメリットしかない方法となりますので、廃車にしたいのであれば廃車買取業者への依頼が一番理にかなっているでしょう。

 

廃車買取業者が一番コスパに優れている

廃車買取

以上のことから、状態が良くまだまだ現役というレベルの車じゃない限りは、廃車買取業者に車の処分を依頼される方法が一番となります。

数ある処分方法の中でも、手間なし手数料無料お金がもらえるという3拍子が揃っている、かなり優秀な処分方法と言えるでしょう。

あとは、廃車買取の業者の中にも手数料などの徴収を行う業者が存在しますので、完全無料で処分を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

ネコ店長
完全無料で言えば、カーネクストが該当します。

-廃車方法
-, , ,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.