自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

自賠責保険の還付金

廃車方法 買取

ディーラーへの車の下取り時、自賠責保険はどうなる?手続きや還付金について

投稿日:

ディーラーへ車の下取りを行う場合、その車の処理は全て丸投げできますが、自賠責保険に関してはどうするべきか把握されている方は意外と少ないのではないでしょうか?

実は、ここを知らずに放置してしまうと、大きな損害に繋がる可能性がありますので、今回は自賠責の対応についてご紹介いたします。

廃車の体験談

廃車買取の査定額が0円だった車を20万円に化けた話を公開中!

ヒントは『海外販路』です。

>>実際に廃車を売った話

車の下取時の自賠責の取り扱い

車の下取りの際の手続き

それでは早速、ディーラーでの下取時に自賠責をどうするべきかについてご紹介いたします。

なお、この自賠責保険は車検時に更新を行い、次回の車検時までの保険料を前払いしておくものです。

また、法律で加入が義務付けられているものですので、全ての車は強制的に加入させられるものとなります。

保険の車両入替は出来ない

ディーラーでの車の下取りということですので、今乗っている車を手放して代わりに新車購入するということになります。

なので、自賠責保険をそのまま新車に付け替える「車両入替」ができれば、一番簡単です。

が、残念ながらこの「車両入替」という方法は、任意保険特有の方法となりますので、自賠責保険には適用させることが出来ないのです。

ネコ店長
これが出来れば本当に楽なんですけんどね。

解約して、新車に改めて加入が必要

自賠責に限っては「車両入替」が出来ないので、手段としては今の自賠責を解約して新車用の自賠責は新たに加入することになります。

ここでの注意点は、新車用の自賠責の加入は法律で必須となっていますので、加入しないと公道を走ることが許されず、基本的に加入を忘れる事はありません。

しかし、今ある車の自賠責の解約に関しては最悪、加入したままでも何も言われませんので、これを忘れてしまうとそのまま保険料が徴収され続けるのです。

次章でもご紹介しますが、自賠責を解約すれば解約返戻金という還付金の支給がありますので、すでに手放した車の自賠責に関しては可能な限り手放した日に解約の申請をするべきでしょう。

ネコ店長
解約返戻金はほぼ月割計算で見られますので、月末の場合は早急に対応が必要でしょう。

 

自賠責の還付金はどうなる?

還付金

続いては、還付金(解約返戻金)の扱いに関する情報について、ご紹介いたします。

通常は解約後に受取りが可能

通常、自賠責の還付金に関しても、自動車税や重量税の還付金と同様に、支払いを行なっていた者に還付される権利があります。

流れとしては、自賠責の解約の際に解約申請書を記入し、それを郵送、保険会社で確認・受理されれば、そこから1〜2週間後には返金されます。

なお、還付金の振込先情報は、解約申請書の提出の際に併せて口座情報も送る事が多いです(保険会社による)。

ネコ店長
ちなみに解約申請書はもともと持っているか、もしくは保険会社に電話すれば郵送してもらえます。

ディーラー次第で誰が解約するかが異なる

上記が、通常の自賠責の解約と還付金受け取りの流れとなりますが、ディーラーで下取りを行う場合は少し異なる可能性がございます。

ディーラーで下取りの場合であっても、自賠責保険証書の提出が不要な場合は、上記の通常時の解約手続きで問題ありません。

しかし、下取りの際に自賠責保険証書の提出を求められる、もしくは「自賠責の解約もやっておきます」と言われた場合は、その言葉の通りディーラー側で解約の手続きをしてくれます。

が、この場合は還付金の受け取り権利が誰のものになるのかは注意が必要です。

と言うのも、解約手続きの際に、振込口座の情報を伝える事が多いので、お客の口座ではなくディーラーの口座に登録されてしまうと、還付金廃車そのままディーラー側のものとなってしまうのです。

基本的にこの方法を取られる場合は、事前にディーラー側から説明があるかと思いますが、サラッとかなり端的な説明ディーラー終了するともありますので、聞き逃さないように注意しておきましょう。

ネコ店長
自賠責の解約をディーラーが行う場合は、遠慮せずに還付金の受取者が誰になるかを確認しておきましょう。

 

まとめ

以上が、車の下取りを行う際の自賠責の解約と還付金の注意点となります。

ネコ店長
これらの内容で一番重要なのは、やはり以下の2点に尽きるでしょう。

下取りの際の自賠責の注意点

  • 自賠責の解約忘れ
  • 還付金(解約返戻金)の受取者が誰になるのか

この2点さえ気をつければ、他はそこまで難しい事も面倒な事もありませんので、下取りに出される場合には落ち着いて自分が行うべき事を一つずつ済まして行くようにしましょう。

-廃車方法, 買取
-, ,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.