自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

買取

車の買取の時にパーツはどうする?個別売却の方が得になる場合と損になる場合

投稿日:

車のパーツ

車の買取を行ってもらう場合、車の装備させているパーツをどうするべきか一度は悩むでしょう。

そこで、ここでは車を買取に出す前にパーツを取り外すべきかどうかについて、ご紹介いたします。

なお、実は買取先によってパーツを取った方がお得になるかどうかが異なりますので、その点についても見ていきましょう。

ネコ店長
ちょっとパターンが多いので、
注意しながら確認しましょう!

高値で廃車買取させる方法

廃車を高値で買取してもらうには、以下の阻害要因を排除する必要があります。
  • 廃車にかかる手数料
  • 販路が少ない事からくる買取額の低さ
  • 買取できる廃車の範囲が狭い

これを解決するには、上記の問題を全てクリアできている業者を探すのが1番の近道です。

そして、今現在これらをクリアしている業者としてはカーネクストが挙げられます。

カーネクストであれば、手数料は完全無料で、他社よりも10万円も高値になる可能性がある販路を持ち、更に不動車や水没車までも買取可能ですので、廃車買取は基本的にカーネクスト1択と考えるべきでしょう!

カーネクスト公式サイト

廃車として買取に出す場合

廃車で買取に出す

まず一つ目のパターンとしては、車を廃車として買取に出す場合についてです。

廃車として廃車買取業車に出す場合は、その車の年式次第でパーツの有無による価格差が出てしましますので、両方のパターンで見ていきましょう。

高年式(新しい年式)の場合

まずは、廃車に出す車が高年式(新しい)場合です。

基本的に購入してから日の浅い車を廃車として買取に出すことは少ないですが、考えられるケースとしては事故による全損だったり、自然災害などで水没してしまったなどが挙げられます。

この場合は、パーツはそのまま残した状態で廃車買取に出した方が、お得になります。

年式の新しい車のパーツは、事故や水害の被害が及んでいない無事な部分に関しては、そのままメンテナンスを行い、その車の交換用中古パーツとして買取が可能なのです。

なので、かなり買取額に貢献できる要素ですので、パーツはそのままの状態で廃車買取に出すようにしましょう。

ネコ店長
ただし、この方法には
注意点があります。

注意ポイント

これは廃車買取業車の中でも、パーツの買取ができる業者であることが条件となります。なので、そういった査定ができない廃車買取の場合は対象外となりますので、ご注意ください。

低年式(年式が古い)の場合

高年式に対して、今度は低年式のパターンです。

低年式の場合は、その車に使われているパーツ自体にそこまでの価値がない状態ですので、パーツを取り外したところで取り外しの作業料(人件費)で±0円となるため、査定額にも反映されないのです。

なので、低年式の車を廃車買取に出す場合は、自分で取り外して個別で売却できるパーツに関しては、自分で売り払った方が手元に残る金額は多くなるでしょう。

ネコ店長
パーツ買取店への持ち込みや
ヤフオクでの個人売買などが可能です。

だからと言って、車としての機能が損なわれるレベルまでバラして売ってしまうと、もはや「廃車」ではなく「鉄くず」扱いになりますので、廃車買取では対応できなくなる可能性があります。

なので、自分でパーツを売却される場合は、常識の範囲内での売却に留めるようにしましょう。

 

中古車として買取に出す場合

中古車で売りに出す

続いては、車を廃車としてではなく、中古車として買取に出す場合について。

この場合は、車に装着されているパーツがどういったものかによって、そのままの売却と、パーツを外して個別売却とでどちらがお得になるかが異なります。

純正パーツだけを装備している場合

まずは、自分で何もいじっておらず、純正のパーツ(メーカーオプション)のみの場合です。

この場合は、査定におけるパーツの加算ポイントとしては一番良い状態ですので、純正パーツは外さずにそのまま買取に出すようにしましょう。

むしろ、下手に外してしまうと、メーカーオプションの特徴である互換性の狭さから、逆に需要が低くパーツの買取でもさほど値が付かず、損になる可能性すらあるのです。

純正ナビについて

メーカーオプションは高額査定に繋がるとお話ししましたが、純正のナビについては運が絡みます。というのも、実は純正ナビは市販のナビに比べて更新頻度が少なく、ナビとしての性能は年々落ちてしまうのです。また、互換性の少ななさから発売から3年が経過したナビは付加価値をとして見られないケースもありますので、雑学程度に把握しておくと良いでしょう。

市販パーツを付けている

これに対して、純正ではなく市販されているパーツでカスタムしている車に関してです。

この場合は、もし純正パーツを捨てずに残している場合は、査定額を考えても純正に付け替えてから買取に出すとより高音が狙えるでしょう。

市販パーツは査定ではマイナスになりますので、むしろ自分で売ってしまった方が査定額も売却益も得られるので、コスパが良くなるでしょう。

ただし、カスタムしたものの純正パーツは捨ててしまっているという場合は、車検に通る程度はパーツをつけたままにする必要がありますので、パーツによる査定への影響はあまり期待はできないでしょう。

ネコ店長
カスタム希望の方は、
事前にこの点は覚悟してから
カスタムを行うようにしましょう。

 

まとめ

以上の事から、お得に車の買取を出すのであれば、車の状況次第でパーツの取り扱いを変える必要が出てきます。

もちろん、そこまで査定額などにこだわりが無いのであれば、パーツもそのままで買取に出すことも可能ですが、実践するかしないかで数万円の差額が生じますので、余裕がある方は実践してみる価値は十分にあるでしょう。

ただし、上記でもご紹介しておりますが、廃車の買取に出す場合はパーツも査定額に含むことができる業者に依頼されなければ意味がありませんので、その点は十分にリサーチしておきましょう。

リサーチが面倒であれば、カーネクストあたりであればパーツ買取も対象ですので、一度試しに査定に出してみるのも良いでしょう。

-買取
-,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.