運転する女性

自動車関連コラム

軽自動車もかっこいい!人気モデルの特徴や価格などを徹底解説!

趣味や通勤などで、車を所有したいと思っている女性も多いと思います。「車の種類は多く、どんな車種を選べばいいのか分からない」このように考えている方もいることでしょう。

そして女性だからといって、みんながかわいい車を好きなわけではありません。かっこいい車が好きな方や、なかにはMT車に乗っている人もいるのです。そこで今回は、スタイリッシュでかっこよく、さらに実用性も兼ね備えた軽自動車の紹介と人気車種、価格などをご説明していきます。

必ずどんな車も0円以上で買取ります

女性から人気のある軽自動車は実用性とカッコよさを兼ね備えている?

外観のカッコよさ、かわいさなど自分好みの形で車を選ぶ人が多いかと思います。そして女性と男性では選ぶ車の種類も少し違ってくるのです。そこで女性に人気の車種をいくつか絞りご紹介していくと共に、デザイン性や室内空間の使い方なども解説していきます。

価格は上級グレード・燃費は一番高いグレードを参照しています。

DAIHATSU:ムーブ カスタム

ムーブカスタムは衝突するダメージを少なくする機能である衝突軽減装置や、踏み間違え装置がついた車種です。燃費がよい車はトルクが弱い傾向にあります。

しかし、パワーボタンがハンドルに付いているので加速が優れている車です。この機能を使えば、上り坂なども楽に進むことができます。

DAIHATSU:ムーブ カスタム

  • 価格:165万5500円
  • 燃費:26.4Km/L(JC08モード/2WD車)

NISSAN:デイズ ハイウェイスター

デイズは駐車時に使用するアラウンドモニターがあり、上から見下ろすような画像がミラーやナビに映されます。

またプロパイロット機能もついており、高速道路などではアクセル、ブレーキ、ステアリング操作全てを自動で行ってくれます。

NISSAN:デイズ ハイウェイスター

  • 価格:174万7900円
  • 燃費:29.8Km/L(JC08モード 2WD)

Honda:N-WGNカスタム

N-WGNには、衝突しそうになった際警告音やブレーキ制御でアシストしてくれる衝突軽減機能が採用されています。

それに加え、前からだけでなく横からもエアバックが出てくる、サイドカーテンエアバックつきで高い安全性能を確保しています。

Honda:N-WGNカスタム

  • 価格:169万4000円
  • 燃費:29.0Km/L(JC08モード)

これらの車は低燃費で小回りも利き、安全装置が充実した車です。特に知名度の高いムーブは古くから人気が高く、軽自動車でのワゴン系の人気を確立していきました。軽自動車でありながら室内空間が広く、友達と買い物に出かけたり、趣味などの道具を載せて遊びに出かけたりする際にぴったりな車だといえるでしょう。
どんな車も高価買取

1番人気はやっぱりN-BOX

最近ではワゴン系よりもさらに室内空間のある「ハイト系ワゴン車」の人気が高い傾向にあります。

そしてそのなかでも人気なのは、ホンダのN-BOXであり男性だけでなく、女性にも人気の車です。N-BOXはハイト系ワゴンの先駆けともいえます。その理由はN-BOXがきっかけで、ハイト系ワゴンが人気を集めるようになったからです。

販売当初は両側スライドドアを備えた車の中では、スタイリッシュで室内空間もかなり広く、多くの人のニーズにマッチし人気を高めました。現在でもN-BOXの人気は高く、軽自動車の販売ランキングでは近年ずっと1位を維持しています。

ジムニーやワゴンRなども人気車種

N-BOXの人気の高さがわかったところで、他にも長年人気の落ちない車種があります。それはスズキのジムニーです。ジムニーには似たような車がないため、趣味などで、山道などを走行したいとか、釣りなどの道具を積む際にも適した車です。

軽自動車の中で山道などを走行したい場合、ジムニーを選択される人が多くいます。また見た目も女性に受けがよく、外装はオフロード車を表現しているだけでなく、かわいさを残している点もジムニーの魅力です。

ジムニーはパーツ専門店などがあるくらいで、車高を上げてみたりバンパーをいかつくカスタム、リアにスコップを付けるなどアレンジ方法が多いという特徴があります。

そして、もう一台長い軽自動車の中で人気を保っているのはスズキワゴンRです。軽自動車でワゴンタイプというスタイルを作り上げた車なので、人気の歴史も長く、いまだにその人気は落ちません。ワゴンRは室内空間も広く、同乗者もゆったりと乗ることができます。また荷室も広いので、使い勝手もよいのが長年の人気の秘訣だといえるでしょう。

ジムニーもワゴンRも歴史の古い車なので、認知度が高いのも理由の一つです。このように長年人気のある車種はそれぞれの特徴が強く、ニーズにマッチしている車であることが分かります。どうしてもこの車に乗りたい、というこだわりがないのであれば、ジムニーやワゴンRも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

かっこいいスポーツタイプの軽自動車をご紹介!

ここまで紹介した車でわかるように、見た目のかわいい車を選ぶ方が多くいます。各メーカーもかわいい車を主に出しているので、スポーティーでかっこいい車は積極的には作っていないのではないでしょうか。

しかし、スポーティーでかっこいい車に興味のある女性もいます。そんな女性たちも納得できる車種をご紹介していきます。

黄色いコペン

スペックや値段は全て上級グレードを参照しています。

DAIHATSU:コペン

コペンは天井が開くオープンカーにもできAT車、MT車の2種類があります。2人乗り仕様でありまさにスポーツカーと呼べる外観です。そして静粛性のある走行を出せるように、骨格もスポーツドライブに合わせた設計になっている車だといえるでしょう。

MT車の場合、クラッチのつながりやシフトチェンジをし、走行を楽しむのも魅力の一つではないでしょうか。しかしAT車でも、自分でシフトチェンジを楽しみたいときには、パドルシフトと呼ばれる簡易的なシフトレバーがハンドルにあるので、手動でシフトチェンジを楽しむことができます。

DAIHATSU:コペン

・価格:209万円(CVT)/211万2000円(5MT車)
・燃費:19.2Km/L(CVT)/18.6Km/L(5MT車)

Honda:S660

HondaのS660はコペン同様オープンカーにもできるタイプの車です。スポーツカーならではの剛性感のあるブレーキングだけでなく、止まることにも楽しみを感じさせてくれます。

この2種類の車は先ほどご紹介した車種よりも人気は劣るものの、一定の人気を集めている車です。男性だけでなく女性で乗っている方もいるため、かっこいい車は女性にも人気があることが分かります。

Honda:S660

・価格:304万2600円( 6MT CVT同額)
・燃費:20.0Km/L(6MT)/20.6Km/L(CVT)

女性のMT免許保有率は約1割

ひと昔前ではスポーツタイプの車といえば、MT車を選択する人がほとんどでした。しかし渋滞時、シフトチェンジの切り替えが面倒だったり、坂道発進など操作が多く疲れます。

ですが最近ではパドルシフトが搭載されたことにより、「コペン」や「S660」のようにAT車でも簡易的なシフトチェンジができるのです。パドルシフトが封給したことにより、AT車でも気が向いたときマニュアル操作ができるため、選択の幅が増えました。

MT免許保有率の低さは、このような車が増えたという背景もありますが、そもそもMT免許を持っていない人が多くいます。運転免許を取る際、MT車よりAT車の方が教科時間が短く、MT車に比べて操作が簡単なのも特徴の一つでしょう。このようにMT免許よりAT免許の方が取りやすいというのもあり、スポーツカーでさえもMT車に乗る人は少なくなってしまったのです。

男性のように女性も好みは人それぞれ

生活環境の変化で車を買い替える時に、こだわりを持って購入する人が男性では多い傾向があります。本当はファミリーカーは嫌だけど、やむなくそういった車を選ぶときに、自分好みのカスタムグレードだったり、スポーツグレードだったりとこだわって選ぶ人もいるのです。

それと同じように、女性でもこだわりを持って車を選ぶ人もいるでしょう。もちろん人気が高く、スタイリッシュな外観に、使い勝手の良さからN-BOXのような箱形の車を選ぶ人もいれば、アクティブに使えるジムニーを選ぶ人もいます。また走りを楽しみたい人はコペンのようなスポーツタイプを選ぶ人もいるのです。

そして同じジムニーを選んでも、ATではなくMTを選ぶ人も多くいます。また、軽スポーツカーのコペンMT車にオシャレに乗っている女性も見かけます。

このように女性だからと必ずしもかわいい軽自動車が好きなわけではありません。男性と同じようにMT車にこだわりを持っている人もいるのです。男性女性どちらも、自分の好きな乗り方や形、色などを選ぶことが一番納得できる選択方法ではないでしょうか。

まとめ

AT免許の保有率が9割を超える女性ですが、その好みは男性と同様人それぞれです。古くから存在する、ジムニーやワゴンRが好きな方や少数ではありますが、スポーツカーのコペンなどが好きな女性もいます。

そして箱形のN-BOXやスペーシア、タントなどは室内空間も広くデザイン性もよいので、多くの人から好まれる人気車種だといえるでしょう。何がよいかは人によって違い一概にどれがオススメとはいえません。もし今、車の購入を検討しているのであれば、自分はどんなところにドライブに行きたいのか、操作は簡単な方がいいのかなどを考えて選んでみてはどうでしょうか。

買取保証!

-自動車関連コラム
-, ,

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!