自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

どの方法で

廃車方法

廃車に出した車のその後は、車ごとに様々なエンディングを迎えます。

投稿日:

廃車買取に出した車がどうなるか、その実態をご存知の方は実はかなり少ないです。

通常であれば「廃車といえばスクラップ」と想像されるでしょうが、実はそれ以外の道を辿る車もあるのです。

そこで、ここでは廃車に出した車がどのように処理されるのか、どの経路を辿る車が高価買取の対象になるのかをご紹介したいと思います。

廃車の体験談

廃車買取の査定額が0円だった車を20万円に化けた話を公開中!

ヒントは『海外販路』です。

>>実際に廃車を売った話

解体される場合

解体

まずは、多くの方がイメージされているであろう解体・スクラップに向かうパターンついてご紹介していきましょう。

この場合は、文字通りの流れで買取された車は解体されて、スクラップ処理を行われます。

が、ここから2つのルートに分岐します。

鉄資源としてのリサイクル

車は大きな鉄の塊ですので、その鉄資源自体には価値があるものです。

なので、スクラップ後の車をリサイクルに回す事でその鉄資源を現金化することが可能です。

おおよその金額として、軽自動車の場合は7,000円前後、普通自動車の場合は1万円以上の価値となります。

その時の鉄の相場次第で変動します。

多くの廃車買取業者がこの鉄資源の販売で利益を出しており、最もメジャーな方法となります。

パーツの再利用

2つ目のルートとしては、一部の買取業者のみが可能となる方法で、鉄資源のリサイクルに加えてパーツの再利用も行われる方法です。

基本的な解体工場の作業としては、樹脂などのパーツは全て粉砕器にかけられます。

これに対してパーツの再利用ができる販路を持っている業者の場合は、中古パーツとして価値のあるパーツをメンテナンス後に再販することが可能なのです。

また、その中古パーツの流通先も日本だけの業者もあれば、海外への輸出を行う業者も存在しているのです。

ネコ店長
外車のエンブレム単体だけが海外に輸出される事もあります^^

もちろん、このケースは単なる鉄資源としての買取だけよりも査定額UPに貢献してくれるでしょう。

 

中古車として再販される場合

中古車

続いては、廃車買取に出したにも関わらず、解体工場へ向かわずに整備工場にてメンテナンスされ、中古車として再販される車も存在します。

中古車として再販できるかどうかはもちろん車次第な部分もございますが、それ以上に中古車の買取&中古車の再販ができる販路を持っている業者であることが重要になりますので、そういった買取業者限定の話ではあります。

そして中古車の場合でも、その中で更に細分化されるのです。

日本市場向けの中古車再販

廃車として出した車が、中古車としての再販される場合ですが、多くの場合は普通に日本市場への再販となります。

その方法としては、自社で再販方法(店舗やオンラインショップ)を持っている業者であれば、そのまま自社で中古車の販売を行い、自社で販売ルートはないが中古車販売店の業者向けのオークションに出品することになります。

どちらの場合でも、前述の解体行きの廃車買取よりも高額で買取ができる可能性が高い状況ですので、車を廃車に出す場合は可能な限り中古車買取も可能な業者に依頼するようにしましょう。

海外への中古車の輸出が可能な場合

そして、最後にご紹介する方法は、最も高額査定が望める方法で廃車に出した車が、中古車として海外に輸出されるというものです。

この場合、当然海路での輸送が必要になり、それだけコストがかかる状況なのですが、それを加味しても利益が出るくらいに日本社は海外では人気があるのです。

ネコ店長
有名どころでいえば、ハイエースなどがかなり高額で売れます。

ただし、この方法には一つ問題があります。

それは、海外への販路を持っている廃車買取業者が非常に少ないという問題です。

この方法は日本市場向けの中古車買取に出すよりも確実に査定額は高くなりますので、是が非でも利用したいところです。

が、そもそも依頼できる業者の選択肢が少ないので、海外輸出は高額査定できることを知らないと高額査定ができる車であっても、日本市場向けの査定額での廃車買取を余儀なくされるのです。

ネコ店長
逆に依頼先が絞れて簡単という見方も出来ます^^

なお、現状であれば、カーネクストが中古車としての買取も海外販路も持っている業者に該当します。

 

まとめ

以上が、廃車に出した車のその後に関する情報でございます。

このように、買取に出した車が辿る先の選択肢が多いのと少ないのとでは、買取の査定額に大きく影響を与える事になります。

もし、まだ廃車買取に出していない状況であれば、ぜひパーツの買取ができる、中古車としての買取もできる、願わくば海外販路持ちで異常な高額査定の可能性を見めている業者に査定に出されることをお勧めいたします。

ネコ店長
実際問題、それで20万円ほど査定額が上がった事もあるそうですので、結構重要なポイントです。

>>カーネクストの無料査定フォーム

-廃車方法
-,

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.