ドライブレコーダー

自動車関連コラム

ドライブレコーダーの選び方を簡単解説!機能によってこんなに差が!

近年、あおり運転や危険運転による事故が社会問題として多く取り上げられていまよね。

ドライブレコーダーの装着義務はありませんが、事故は起こってからでは取り返しが付きません。その事から自己防衛のためドライブレコーダーの装着が推奨されています。一言でドライブレコーダーと言っても数多くのメーカーが商品を出していてどう選べば良いのか、どういった機能が必要なのかわかりませんよね。

今回の記事ではドライブレコーダーはどのような種類があるのか、また最適なドライブレコーダーの選び方をご紹介します。

必ずどんな車も0円以上で買取ります

ドライブレコーダーの種類

ドライブレコーダーは主に3種類に分かれており、それぞれのメリット・デメリットが存在します。各ドライブレコーダーの種類についてそれぞれ詳しくご紹介していきます。

ドライブレコーダー【一体型】

本来は、カメラとレコーダーが分かれているものですが、2つの機器が一体となっているタイプのもので、フロントガラス部分に設置します。

分離型やミラー型に比べると少し大きいものにはなりますが、シンプルなフォルムとなっており非常に扱いやすくなっています。また、機器が一体となっていますので初心者の方でも簡単に取り付けが可能です。配線が分散しないので車内もスッキリとします。

セパレートタイプのドライブレコーダーに比べると価格も安価なものが多いようです。

デメリット

デメリットとしては、一体型ドライブレコーダーはそのサイズが他のものに比べ大きいこともあるため、存在感が出てしまいます。また、多くの場合は運転席からは見ずらい位置(ルームミラー裏等)に設置することになるため、操作がしにくいといったデメリットがあります。

ドライブレコーダー【分離型】

ドライブレコーダー分離は、一体型とは逆のカメラとレコーダーが分離しているもので、フロントガラスにカメラを設置し、レコーダーはダッシュボード付近に設置します。

フロントガラスに設置するのはカメラだけなので、非常にコンパクトとなっており存在感も気になりません。また、レコーダーを操作しやすい場所に設置できるため使い勝手も良いものとなっております。さらに、一体型に比べカメラの位置を調節することも出来、配置の自由度が高く、愛車にあった最適な位置に設置することが可能です。

デメリット

デメリットとしては、分離型は機器が分かれていますのでそれぞれをしっかりと配線でつなぐ必要が在ります。また配線の引き方によってはノイズが発生してしまう可能性もあり、車に地デジアンテナ等がある場合は配置場所や環境によっては電波同士が干渉し、映像が映りにくくなるケースもあるそうです。

価格帯に関しても、一体型に比べると分離型の方は少々高価なものが多くなっています。

ドライブレコーダー【ミラー型】

ミラー型は、車内のルームミラーの上からかぶせて設置するもので、フロントガラスに設置したくない等でミラー型のドライブレコーダーを選ぶ方もいらっしゃいます。ミラー型ディスプレイになりますのでハイテクな近未来的な点も少なからず選ばれる理由ともなっています。

ミラー型のメリットとして挙げられるのは、後続車を映すカメラは広角カメラですので従来のミラーでは映らない場所も確認が出来て、死角が少なくなります。また、製品によっては明るさ調節が出来るものも多く夜間でも後続車の映像が明るく表示されとても見やすくなっています。

デメリット

デメリットとしては、やはりルームミラーの上からかぶせるのでミラー調整の際にフロント側のカメラも動いてしまい上空しか映していない!等トラブルもよく耳にします。肝心な時に映像がなければ本末転倒ですからね。気をつけたい部分です。

また、ミラー型を使用するのが初めての場合、距離感や映像に慣れるまでは少し時間がかかります。デジタルミラーに映るのは鏡と同じものではないので映像がカクカクしたり、後部座席の距離感が映らないので、慣れが必要となるでしょう。

ミラー型に関しましては、安いものを選んでしまうと使いみちにならないものも多くあるため、ミラー型を選ぶ際はしっかりと機能・性能をじっくりと比較することをオススメします。

どんな車も高価買取

録画機能について

ドライブレコーダーの主要機能の録画ですが、ドライブレコーダーによって録画機能についても異なります。基本的な仕組みとしては、microSDに映像を残し容量がいっぱいになったら古い順に上書きされるのですが、必要な時に必要な映像がなくなってしまったら、意味がありませんよね。

そういった場合には便利な機能があったり、必要時に手動で録画を行うことが出来たりとドライブレコーダーによっても機能は異なります。次はドライブレコーダーにはどのような録画機能があるのか、それぞれご紹介していきます。

常時録画

ドライブレコーダーの中では一般的となっている常時録画機能ですが、”常時録画”といっても24時間録画しているわけではありません。常時録画は、エンジン始動時からエンジンと連動して自動的に録画されます。もちろんエンジンが停止されると録画も止まるといった仕組みです。

製品によってはアイドリングストップ時は録画が止まってしまうという製品もありますので、事前にしっかりと確認しましょう。また、常時録画はメモリーをかなり消費してしまいます。メモリー交換は容量にあった頻度で交換するようにしましょう。

センサー録画

センサー録画とは、一定以上の衝撃(急ブレーキ等)を検知した時に、その出来事の前後の記録が上書きされない領域へと移されます。常時録画を行っていてもセンサーで検知した場合は、容量がいっぱいになっても上書きされない領域へ移行されるのでいざという時に安心です。

またセンサー録画のみの場合は、常時録画式のものと比べ録画容量の消費が抑えられますが、やはりおすすめは常時録画のものにプラスでセンサー録画が出来るものが安心できるといえますね。

手動録画

手動録画は、その名の通り録画したいタイミングで録画を開始できる機能で、センサー検知と同様に手動で録画されたデータは削除されない領域で保存されます。事件や事故を目撃した場合等にも役に立ちます。また、何気ないドライブシーンの思い出記録としても使えます。

GPS機能やWi-Fi対応も必要?

録画機能はもちろんですが、ドライブレコーダーにはGPS機能であったり、Wi-Fiが対応しているものもあります。

GPS機能は人工衛星から電波を受信することが出来て、録画をしていることで事故現場の正確な位置まで記録されるため証拠情報としての価値も上がります。また、Wi-Fi対応とは、ドライブレコーダーに無線LAN機能がついている物のことで、スマートフォンで録画した映像やリアルタイムでの表示・再生が出来ます。

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーの種類や録画機能についてご紹介しましたが、次は実際のドライブレコーダーの選び方について詳しくご紹介していきます。

ドライブレコーダー録画中イメージ

解像度・画素数は最重要!

ドライブレコーダーの肝心な部分といえば、事故に巻き込まれたり、事故を起こしてしまった際にしっかりと周囲の情報を読み取ることが出来るか、ですよね。いくら録画していても映像が荒い・読み取れないとなると意味がありません。

事故の場合、ナンバープレートや車上荒らし等にあってしまった際は犯人の顔が捉えられなければ泣き寝入りをするだけになってしまいます。

それらの情報をしっかりと録画するには解像度1920×1080(フルHD)・画素数200万画素程度は必要となります。あまりにも安いドライブレコーダーを買ってしまうとこれらの条件にも満たない事もありますので、購入前にはきちんと確認しましょう。

撮影の範囲はなるべく広く!

画素数に続いてドライブレコーダーで重視したほうが良いものとしては、撮影できる範囲です!いくら解像度の良いドライブレコーダーであっても撮影範囲から外れていて写っていない!となると本末転倒ですよね。

基本的にはフロント・リアの前後2カメラは必要として、更にレンズが広角カメラだとなお良いでしょう。巻き込み事故の多い左折の場合やあおり運転をされた場合などしっかりと撮影範囲に映るようにカメラを選びましょう。

ドライブレコーダーの画角には【水平画角(カメラから見て左右の角度)】【垂直画角(カメラから見て上下の角度)】【対角画角(カメラから見て対角線の両端を結んだ角度)】があり水平画角が105度以上のもの、垂直画角が55度以上のものを選ぶようにすると良いでしょう。

最近では360度撮影可能なドライブレコーダーもかなり人気が出ています。

夜間や逆光でも情報を読み取れるかチェック

よくある白とびや黒つぶれの映像。肝心な時にナンバープレートが白飛びして見えない!逆光で重要な部分が黒つぶれして情報がよみとれない!となるとせっかくのドライブレコーダーも意味がありません。そんなことが起こらないように、WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能というものがあります。

明暗差がある時に自動的に調節をしてくれる便利な機能です。夜間や逆光の場合は時に有効的です。

また、最近の信号機はLEDランプが使用されているものが多く、ドライブレコーダーの中には、LED信号機の光が点滅したり真っ暗に映ったりしてしまう物があります。WDR機能と合わせてLED信号の読み取りが可能かどうかもチェックしておきましょう!

駐車監視機能は必要なのか?

最近では駐車監視機能がついたドライブレコーダーも多く販売されていますよね。この駐車監視機能とは、衝撃を感知して録画を開始するタイプ、常に録画しておいて衝撃を感知すると前後の動画を保存するタイプ、動体を検知して録画するタイプの3種類があり、当て逃げや車上荒らしにとても有効的です。

大切な車を守るためにも駐車監視機能も予算と相談した上で是非とも付けたい機能となっています。

まとめ

以上、ドライブレコーダについて詳しくご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ドライブレコーダーは今や様々な種類に価格もピンきりとなっていますよね。自分にあう性能のドライブレコーダーを装着し安心出来るカーライフを送りましょう★☆

買取保証!

-自動車関連コラム
-, ,

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!