貯金をする女の子

廃車手続きの必要書類

ローンが残っている車の売却方法!廃車の手続き方法もご紹介!

自動車購入する際、多くの方がローンを組んで自動車を購入しますよね。数年に及ぶローンを組み月々の支払いをしていきますが、様々な理由で支払いが不可能となってしまった場合どうすればよいのでしょうか?

もちろん支払えないからと放置すると後々、大変な事になってしまいます。また、子どもが自立した・家族増えた等、ライフスタイルの変化によって車の買い替えも必要となってきますよね。その際にローンの残債がある場合、どうすればよいのでしょうか。

コチラの記事では、ローンが残っている場合の売却・廃車をする方法に加え、それぞれの手続き方法について詳しくご紹介していきます。

必ずどんな車も0円以上で買取ります

車のローンが残っている場合の売却方法

車のローンが残っていると車を売ることが出来るのか心配になりますよね。結論から言ってしまうと、車のローンが残っている場合でも、売却・乗り換えはもちろん可能です!

車の売却時にローン残債分を超える価格で売却ができれば一番良いのですが、残債を下回る場合は不足分を現金で支払ってしまうか、現金一括で支払えないようであれば、残った金額分で再度ローンを組みなおして支払っていく必要があります。

車のローンを超える価格での売却が可能な場合は、買取店がローンを一括返済する手続きも含め代行で行ってくれることが多く、手間もかかりません。

車のローンが残っている場合の手続き手順

車のローンが残っている場合で少し手間がかかってしまうのが、ローン残債よりも売却価格が下回る場合です。車のローンは車を売ったからと言って支払いの義務が無くなるわけではありません。残債分を一括で支払うかローンを組み直すか、また買い替えの場合でれば、次の車のローンにまとめることもできます。

車のローンが残っている場合は、車の所有者はローン会社・クレジット会社になっています。手続きをするためには、所有権解除の手続きを行う必要があります。所有権解除の手続きを行ってからでないと売却等の手続きはできませんので、事前にローン会社・クレジット会社に連絡をし、所有権解除の書類一式を用意してもらいましょう。

ローンを完済していても、所有者は自動的に変更になるわけではありませんので、ローンを完済していても所有者はローン会社のままになってる方は多くいらっしゃいます。ローンが完済しているのであれば連絡一本ですぐに郵送してくれますので早めに用意しておきましょう。

所有権解除の書類が揃ったら、売却の手続きが出来るようになりますが、車を売却するには名義変更が必要となりますので、名義変更に必要な書類を別途揃える必要があります。

名義変更に必要となる書類はコチラ

  • 譲渡証明書(実印が押印されているもの)
  • 旧所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 新所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 旧所有者の委任状(実印が押印されているもの)
  • 新所有者の委任状(実印が押印されているもの)
  • 車検証
  • 新使用者の車庫証明(発行から1ヶ月以内のもの)

車を乗り換える場合などは買取店で一括で手続をしてもらる場合が多いです。名義変更を自分で行う場合は上記の必要書類に加え、運輸支局等の窓口で配布される書類に記入し提出する必要があります。

車のローンが残っている場合の廃車方法

車を売却または乗り換える場合の方法についてはご紹介しましたが、廃車にしたい場合はどうすればよいのか不安になる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ローンが残っている車でも、廃車にする理由は様々あるかとおもいます。車が故障してしまった・自然災害等で水没してしまった等など、買取店では買取価格がつかない場合はどのように手続きをすればよいのかわかりませんよね。

コチラも結論から言ってしまうと、車の売却時と同様にローンが残っていても廃車にすることは可能です。ですが、故障車や水没車となると中古車店などに売却することは出来ずローンの残債分だけを支払わなければいけません。

また、所有権解除の書類を用意してもらうにはローンが完済していることが条件となっており、どういった理由で返済が不可能なのか。どのようにローンを返済していくかをきちんと話し合って、了承を得ないことには書類は用意してもらえません。

一括で返済するのが難しい場合、銀行系マイカーローンなど所有者を自分名義にしてくれるローンを選ぶことで手続きをすすめることが出来ます。

車のローンが残っている場合の手続き手順

車のローンが残っている場合の手続き手順についてご紹介します。廃車にする場合でも所有権解除書類は必要となります。

所有権解除書類に加え廃車手続きを行う場合別途、以下の書類もご準備いただく必要があります。

廃車手続きに必要となる書類はコチラ

  • 所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 所有者の委任状(実印が押印されているもの)
  • 車検証
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 移動報告番号・解体報告記録がなされた日が記載されている紙(永久抹消の場合のみ)

自分で廃車手続きを行う場合は、上記の必要書類に加え運輸支局等の窓口で配布される書類に記入し提出する必要があります。廃車手続きを自分で行う際はコチラの記事に詳しい手順をまとめております。是非参考にしてみてくださいね。

事故車や水没車でも売れる!中古車買取店では売れない車の売り方

中古車や水没車は、当然のことながら中古車買取店では買い取ってもらえません。ですが、ローンが残っていたりすると車を手放してもローンに充てるお金が入らず、支払いだけが残ってしまいますよね。水没車ともなると処分するにも費用がかかってしまうケースもあるのです。

そんな時に頼りになるのが廃車買取専門店です!

どんな車でも0円以上の買取保証!

中古車買取では買取ができない車、水没車であっても0円以上の買取りを行っている廃車買取業者もあるのです!どんな車でも廃車にかかる費用は無料!中古車買取店では売れない、査定価格に不満がある方は一度問い合わせをしてみるもの良いかもしれません。

まとめ

車のローンが残っているから売却・廃車が出来ないということはありませんが、所有権解除書類が重要となります。また、手続きが出来ない例としては、自動車税の滞納を2年以上している場合は、簡単に言ってしまうと車は差止め状態になっていますので手続き自体ができないようになっています。

自動車の状況を把握し適切な対処を行いましょう。

 

-廃車手続きの必要書類
-, ,

© 2022 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!