車保険イメージ

自動車関連コラム

自動車保険の選び方はご存知ですか?重要ポイントを抑えて保険を選ぼう

自動車に関する保険には、必ず加入しなければいけない自賠責保険(強制保険)任意で加入する自動車保険があります。自賠責保険は自動車を走行させる上で必ず加入しなければならない強制保険となっており、事故を起こしてしまった場合などに、自賠責保険の補償だけでは不十分なことがあるため、多くの人が自賠責保険とは別に自動車保険(任意保険)に加入しています。

ではその任意の自動車保険ですが、保険プランによって幅広い損害をカバーしてくれます。種類も豊富で、どれを選べがいいのか、どのように保険を決めればよいのか迷う人も多いかと思います。

自動車保険を選ぶ際の重要ポイントをわかりやすくご紹介していきますので、自動車保険選び方の参考にしてみて下さいね。

必ずどんな車も0円以上で買取ります

自動車保険それぞれ3種類についての選び方

自動車保険は大きくわけて3種類、補償内容は主に7つに分けられます。まずは簡単にですが、自動車保険の種類と保証内容について表にまとめてみました。

自動車保険
任意保険
賠償責任保険
相手への補償
対人賠償保険
対物賠償保険
傷害保険
ご自身・搭乗者への補償
搭乗者傷害保険
人身傷害補償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険車の補償 車両保険

自動車保険の種類・補償内容はこの様になっております。保険会社によって保険プランにどの補償内容があるのかが異なっていますので、それぞれの自動車保険の補償内容は知っておくことが大切です。では上記の自動車保険の内容を詳しく見ていきましょう。

1.賠償責任保険(相手への補償)

賠償責任保険には、対人賠償保険対物賠償保険の2つがあります。対人賠償保険は、事故を起こして相手にケガをさせたり死亡させてしまった時、または対物賠償保険は、相手の車などの物を壊してしまった時に補償してくれる保険となります。

対人賠償保険

対人賠償保険は、事故を起こした際に相手の車に乗っている人や歩行者など「相手」に対し補償をしてくれる保険です。必ず加入しなければならない自賠責保険には以下の表のように、支払い限度額があります。自賠責保険ではカバーしきれない部分を対人賠償保険で補うことができます。

自賠責保険の支払い限度額 補償限度額
死亡事故の場合 3,000万円
重度後遺障害の場合 4,000万円
ケガの場合 120万円

被害者1名あたり

交通事故で相手が亡くなってしまった場合、賠償額が数億円となることもしばしばあります。自賠責保険で3,000万円が補償されても、もし対人賠償保険に加入していない状態で事故を起こしたのなら、残りの金額は自分で支払わなくてはならなくなりますので、対人賠償責任保険は無制限で加入しておくのが良いでしょう。

対物賠償保険

対物賠償保険とは、事故を起こした際に相手の車や家、ガードレール、電柱などの物に対して補償してくれる保険です。対物事故も賠償額が高額になるケースがあるので、こちらも保険金額は無制限で加入するのが良いと言えます。

2.傷害保険(ご自身・搭乗者への補償)

事故により、自分や自分の家族などがケガをしたり、死亡してしまった場合に保険金が支払われます。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、交通事故で本人や同乗者が死亡してしまったり、ケガをした場合に支払われる保険です。実損額を補償してくれます。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、交通事故で本人や同乗者が死亡してしまったり、ケガをした場合に支払われる保険で、支払われる額はあらかじめ定められた金額になります。搭乗者傷害保険は保険金を早く支払ってくれるのが特徴です。保険料を抑えるために、搭乗者傷害保険は加入せず、人身傷害補償保険だけを選ばれる方も多いようです。

自損事故保険

自損事故保険は、電柱と衝突した時など相手のいない単独事故で、本人や同乗者がケガをしたり死亡した時に、保険金が支払われます。

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険は、事故で車の搭乗者が死亡してしまったり後遺障害を負った時に、交通事故の相手が対人賠償保険に加入していないなど、補償が不十分な場合に支払われる保険です。事故を起こした相手が無保険だと、泣き寝入りにになってしまいますので、無保険車傷害保険は加入しておいた方が安心かと思います。

3.車両保険(車の補償)

車の補償をしてくれる保険は、車両保険の1つだけになります。

車両保険

車両保険は、契約者の車が接触事故や自損事故、当て逃げ、盗難などの被害に遭った場合に支払われる保険です。車両保険は一般的に、高級車や、初年度登録から7年目までの車が入っておいたほうが良いと言われている保険になります。

自動車保険の対面型(代理店型)とダイレクト型(通販型)

自動車保険には、対面型(代理店型)とダイレクト型(通販型)があります。2つの違いや、それぞれのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

自動車保険の対面型(代理店型)とダイレクト型(通販型)の違い

対面型(代理店型)は、代理店を通じて保険契約を結ぶ方法です。カーディーラーが代理店となっているため、車を購入する際に、ディーラーで保険に加入した経験のある方が多いのではないのでしょうか?

反対に、ダイレクト型(通販型)は、代理店を通さず、インターネットや電話で保険会社と直接契約を結ぶ形態になります。

対面型(代理店型)とダイレクト型(通販型)のメリット・デメリット

メリットとデメリット

対面型とダイレクト型それぞれに、メリットとデメリットがあります。どちらの形態で保険を選ぶかに迷ったら、参考にしてみてください。

対面型(代理店型)のメリットデメリット

対面型(代理店型)のメリットについてご紹介します。

対面型(代理店型)のメリット

対面型(代理店型)のメリットといえばやはり、ややこしい保険の手続きはを代理店が行ってくれるので手間がかからず非常に便利です。

また保険内容に関してもわからないことがあればすぐに担当者に相談できるので、自分にあった自動車保険を簡単に選べます。多くの代理店が、車購入時自動車保険についてに加入を勧めてくるので店舗で手続きを済ませておくと、後から慌てることなく自動車保険の手続きも完了するので安心です。

対面型(代理店型)のデメリットについてご紹介します。

対面型(代理店型)のデメリット

対面型(代理店型)のデメリットは、費用が高いといったところでしょうか。また、代理店担当者が保険商品に詳しくないときもりその代理店によっては対応の差があります。もちろん詳しい人に変わってくださいと言えば保険の不明点等が解決できます。費用面以外では代理店は安心ができますね。

車の購入が初めてなど、あまり自動車保険に詳しくない方は、ディーラーや対面型(代理店型)の保険契約を結んだ方が安心かもしれません。

ダイレクト型(通販型)のメリットデメリット

ダイレクト型(通販型)のメリットについてご紹介します。

ダイレクト型(通販型)のメリット

ダイレクト型(通販型)のメリットは代理店型に比べ、保険料が安いです。人経費等を考えるとやはり費用についても差は出てくるようです。またダイレクト型(通販型)は代理店へ行かずにインターネットなどで簡単に手続きできるので手軽に保険加入ができます。時間がなかなか取れない方にはとても良いメリットですね。

ダイレクト型(通販型)のデメリットについてご紹介します。

ダイレクト型(通販型)のデメリット

ダイレクト型(通販型)のデメリットについては、やはり保険手続きは自分でしなければならないという点です。また対面での相談ができないので、自分で保険会社やその保険プランの補償内容をきっちり調べる必要があります。すべてインターネットで手続きが可能ですが、保険の内容をしっかり自分で把握しておくことが必要です。

また、こういったダイレクト型(通販型)の自動車保険の場合は深夜の事故は受け付けのみの対応になる場合もありますのでしっかりと保険内容を確認しましょう。

自動車保険の対面型とダイレクト型のメリット・デメリットは、以上のようになります。保険に詳しい方は、ダイレクト型を選んで保険料を安く抑える方がお得かと思います。

廃車手続き代行無料

自動車保険の特約はつけるべき?

特約とは、契約を結んだ自動車保険の補償内容を、より充実したものにするオプション契約のことを言います。あくまでオプションになりますので、特約だけで契約を結ぶことはできませんし、主契約の自動車保険を解約すると、特約も同時に解約となります。

自動車保険の代表的な3つの特約

自動車保険の特約には様々なものがあります。代表的なものとして3つの特約がありますので、それぞれの特約内容についてご紹介したいと思います。

1.弁護士費用特約

事故の被害に遭ってしまった場合、事故を起こした相手との交渉は自分で行うことになりますが、示談交渉などは一般の人が簡単にできるものではありません。弁護士に依頼するとなると費用が発生しますので、その費用をまかなうのが弁護士費用特約となります。

2.個人賠償責任特約

日常生活において、保険契約者やその家族が他人をケガさせたり、他人の物を壊したりと、損害賠償責任を負った場合に補償してもらえる保険になります。個人賠償責任特約は、他の保険の特約にもあるため、重複しないよう注意したほうが良いでしょう。

3.対物超過修理費用補償特約

事故において、相手の車の時価額を超える修理費用が発生した時に、補償してくれる特約となります。対物賠償保険の補償は、相手の車の時価額までとなっています。修理費が時価額以上になった場合は、この特約によって、残りの修理費用も支払ってもらえることになります。

自動車保険の特約には他にもさまざまなものがありますが、中でも、もし事故に遭ってしまった場合に備え、弁護士費用特約と対物超過修理費用補償特約は、付けておいた方が安心できると言えるでしょう。

 

まとめ

自動車保険は任意ですが、保険料を抑えることだけを考えてしまうと、事故の際に補償がなく自分で賠償しなくてはいけなくなってしまいます。事故に遭ってしまった時に後悔しないよう、特に対人・対物の補償内容をよく考えて、保険を選んでみてはいかがでしょうか。

0円以上の買取保証

-自動車関連コラム
-, ,

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!