キャンピングカー

自動車関連コラム

キャンピングカーの選び方から注意点まで徹底解説!行楽シーズンを遊び倒そう!

近年、キャンプブームでもあり目にすることも多くなったキャンピングカー!キャンプブームでテントの購入をする方は右肩上がりで増え続けており、それと同時にキャンピングカーの購入する方や、キャンピングカーのレンタル会社も増えています。そんな中やはり、キャンピングカーが欲しい・乗ってみたい・レンタルしようか迷っているという方も多いのではないでしょうか?

コチラの記事ではキャンピングカーの種類や選び方・レンタル時のマナーや注意点について詳しくご紹介しています。是非参考にしてみてくださいね

必ずどんな車も0円以上で買取ります

キャンピングカーは普通免許じゃ出来ない?

まず、キャンピングカーは普通車より大きいけど、運転するには中型・大型免許が必要?という質問をよく耳にしますが、結論から言ってしまうと普通車免許で運転はできます!

ただし、普通免許で運転できる車両条件は、道路交通法の改正により取得した時期によって下記の通り異なります。一部の大型車両を除き、一般的にご利用いただく多くのキャンピングカーでは普通免許で運転ができます。

普通自動車免許の取得時期によって異なる

  • 2007年6月1日以前の取得
    車両総重量8.0t未満
    最大積載量5.0t未満
    乗車定員10人以下
  • 2007年6月2日~2017年3月11日に取得
    車両総重量5.0t未満
    最大積載量3.0t未満
    乗車定員10人以下
  • 2017年3月12日以降の取得
    車両総重量3.5t未満
    最大積載量2.0t未満
    乗車定員10人以下

キャンピングカーの種類(乗車人数順)

キャンピングカーにも様々な種類があり、大きさごとに乗車人数・就寝人数が決まっています。予定している人数に合わせて快適に過ごせるキャンピングカーを選びましょう。

各キャンピングカーの選び方や価格帯について、また、メリット・デメリットについてもご紹介していきます。

軽キャンパー【100万~200万円】

軽キャンパー

軽自動車をキャンピングカーにカスタムしたものを軽キャンパーといいます。

キャンピングカーの運転が怖い・あまり自信がないという方でも、運転がしやすく非常に扱いやすいキャンピングカーです。きままに一人旅をしたいという方にはうってつけのキャンピングカーです。

費用面に関してもベース費用も他のキャンピングカー比べ安く、駐車場にも困ることはないので日常使いにも気軽に利用できます。

ですが、あくまで軽自動車ですので室内はかなり狭く大人二人が限界でしょう。荷物の積載分も考えると長旅には不向きとなっています。

レンタルの際も就寝人数は2名上限となっていることが多いです。

バンコン【200万~700万円】

バンコン

ハイエースやキャラバンなどのバンタイプの車をカスタムしたキャンピングカー。

普通免許で運転できる車がほとんどで、運転のしやすさも普通のハイエースやキャラバンとあまり差は有りませんので日常使いにも便利となっています。また、駐車スペースも困ることな少ないですが、立体駐車場等は注意が必要となります。

軽キャンパーやキャブコンよりも走行性能が高く、安全面から見ても実用性は抜群です。二人旅や小さなお子様連れのファミリーには使い勝手の良いキャンピングカーです。

レンタルの際は室内レイアウトにもよりますが、就寝人数は3~6人程度のものが多いです。

キャブコン【500万~1,000万円】

キャブコン

キャブコンは、トラックやバンなどの車両に住居を乗せてカスタマイズしたキャンプにはもってこいのキャンピングカーとなっています。

バンコンよりも室内空間が広く、設備の充実しているものも多く人数が増えても快適に過ごせますが、普通自動車よりも大きいため普通車用の駐車スペースは利用できない場合もあり、トラック専用の駐車スペースの確保が必要となりますので、日常使いには不向きとなっています。

トラックがベースとなっているため、カスタムするトラックの大きさによっては普通免許では運転できない場合もありますので、事前に確認する必要があります。

レンタルの際は、就寝人数は5~7人とバンコンよりも多いのが一般的です。

 

バスコン【700~1,200万円】

バスコン

バスコンは、マイクロバスなどをベースにして作られたキャンピングカーで大人数でのキャンプには最適です。

多人数でも余裕を持って使用することが可能で、バンコン・キャブコンよりもさらに充実した設備が整っています。さらに居住スペースが広く2部屋に分けて利用するなど幅広いカスタムが可能なキャンピングカーです。

ベースがマイクロバスなので車体がかなり大きく、駐車の際にはバス用のスペースを探す必要があり日常使いには出来ません。また、バスの大きさになると普通免許では運転できないため、中型・大型免許が大きさに応じて必要なります。

レンタルでは普通免許でも運転が可能なように乗車定員を10名以下(就寝5~7人)にしているものが多くありますが、事前に確認する必要があります。

 

キャンピングカーで快適に過ごすための装備

キャンピングカーで快適に過ごすためには欠かせない装備がいくつかあります。キャンピングカーと一言にいっても、軽自動車サイズからバスサイズまで大きさはバラバラで、車種によって備え付けられている装備も異なります。購入・レンタルをお考え方は是非参考にしてみてくださいね。

快適に過ごせるかどうかは、室内空間だけではなく装備の充実性も大きく関わってきます。

最も重要なのは電源の確保!

快適にキャンピングライフを送るには、安定した電源の確保が必須となるでしょう。日常生活でも重要となる冷蔵庫やエアコンはキャンピングカーにも欠かせません。無くても平気な方は防寒具等があれば大丈夫ですがやはり、快適に過ごしたいとなれば安定して電気を使える状況にするべきでしょう。

安定した電源確保には、サブバッテリーや、ソーラーパネル・自動発電システム等が役に立ちます。

FFヒーターやエアコンで快適に!

キャンピングライフを充実させるには車内環境が良くないと楽しさも半減ですよね。近年は猛暑化して異常な暑さの夏にはエアコンが無いと熱中症リスクが高く大変危険です。やはり夏場にはエアコンは欠かせませんよね。

冬にキャンプとなると山は市街よりも冷えるぶん体調も崩しやすくなってしまいます。ハンディヒーターや石油ストーブなどは車内で使用すると換気が必須であったり火災の原因にもなりかねます。そんな冬場に活躍するのがFFヒーターです!

FFヒーターは車内の酸素を消費せず、クリーンな暖房が可能であり、エンジンをかけなくても使用できるので、冬のキャンプには欠かせません。

FFヒーター、エアコンは電力の消費が激しいものになりますので安定した電源供給を確保することは前提条件とはなりますが、快適に過ごすには必須装備でしょう。

あると便利なキャンピングカーの装備

キャンピングカーで更に快適に過ごすには必需品!・・とまでは行かなくても予算やスタイルにあわせて装備していると便利なものをご紹介していきます。

やはりあると便利なものといえば、冷蔵庫にトイレです。

冷蔵庫はやはり電力の消費が激しく時と場合により使い分ける必要がありますが、あると便利です。冷蔵庫が無くてもクーラーボックスに氷を入れておけば代用も可能ですし、コンビニに行けば気軽に手に入れることが出来るため予算と相談し装備すると良いでしょう。

また、トイレはコンビニやSAやPAなどにもトイレはありますので、大人だけでのキャンプであれば不必要な場合も多いです。逆を言えば子ども連れでのキャンプとなるとやはりトイレは装備していると安心できます。コンビニについてもトイレの貸し出しをしていない場合や、いつ渋滞にはまるかはわかりませんよね。

ただし、トイレを設置すると室内空間が狭くなりますし、排水面も考えなければいけませんので、状況によってトイレの有無を選びましょう。

キャンピングカーを運転する際の注意点

キャンピングカーを運転する際の注意点をご紹介します。キャンピングカーは普通の乗用車とは大きさも重さも異なるため、普段の運転よりも気をつけなければいけないポイントがあります。安全にキャンピングカーを運転するためにも覚えておきましょう。

基本的には運転免許を持っている方であればキャンピングカーの運転は出来ますが、初心者が特に気をつけたいポイントを絞っていますので、是非参考にしてみてくださいね。

”急”のつく運転は禁止

急発進・急ブレーキ・急ハンドルは普段の運転からも言えることですが、キャンピングカーは車体自体も重く、さらに荷物等を積んでいるぶん重くなっていますのでブレーキの制動距離が長くなります。車間距離を必ず保ちましょう。スピードの出し過ぎもいけませんが、キャンピングカーは速度は基本的にゆっくりと安全運転が鉄則となっています。

カーブや橋の上は要注意!

キャンピングカーは重心が高くカーブの際の遠心力に弱いという特徴があります。また、普通車とでは内輪差も大きく違います。カーブの手前でしっかりとスピードを落とし、ゆっくりと曲がりましょう。車体の奥行きが長い場合は、バイク等の巻き込み・隣のレーンを走行する車にも注意が必要となります。

また、大型のキャンピングカーの場合は、橋の上では横風を受ける面積も広く、重心が高いことから思った以上に走行が不安定になってしまいます。橋の上を走行する場合もしっかりとスピードを落とし、横風の影響を少しでも減らせるようにしましょう。

運転席の高さに慣れが必要

キャブコンなどは、乗用車に比べて運転席が高くなっていますので運転席から見える景色も、後部座席の奥行きも違ってきます。走り慣れた道でもキャンピングカーでは運転に慣れが必要です。また、キャンピングカーは死角が多いため、死角をカバーするためのミラーも乗用車より多くついています。ミラーの確認も常にするようにしなければいけません。

さらに、運転席の高さに慣れが必要な事と同時に、ルーフの高さにも注意が必要となります。車体の奥行き等は走行しているうちに慣れてきますが、ルーフの高さに関しては、常に気をつけなければトンネルや高架の注意書き見落としてしまいます。

事前に目的地までのルートにトンネルがないか、また経由地はキャンピングカーの走行が出来るかの確認も忘れずに行いましょう。

まとめ

キャンピングカーについて種類から選び方、装備に注意点を詳しくご紹介しましたがいかがだったでしょうか?準備をしっかりとすれば楽しいキャンピングライフを送れます!!キャンピングカーで行楽シーズンを遊び倒しましょう!

キャンピングカーのレンタルはシーズンによって価格も異なり、すぐにキャンピングカーが出払ってしまうことも多いです。予定を早く立ててレンタルを早めに抑えましょう。

-自動車関連コラム
-, ,

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!