4WD

自動車関連コラム

4WDの維持費は高い?普通車と軽自動車の維持費の違いの差について

車を購入する際に、維持費がどれだけかかるか知りたい方も多いかと思います。車の維持費にはどんなものがあって、年間どれくらいの金額が必要かご存知でしょうか?

また、普通車と軽自動車の維持費の違いや、同じ車種でも4WDを選んだ場合の維持費に違いはあるのかということについて見ていきたいと思います。

必ずどんな車も0円以上で買取ります

車の維持費について

では実際、車の維持費には具体的にはどんなものが含まれているのでしょうか?車両購入時にかかる費用と、毎年かかってくる自動車税や保険料等をわかりやすく分けて維持費のご説明したいと思います。

車購入の際の初期費用

車の購入時の初期費用として必要なものは以下の通りになります。

車両購入代金

車両本体の代金です。これに消費税がプラスされます。

また、燃費基準の達成率が低い車種の場合は、環境性能割が1~3%(軽自動車の場合は1~2%)課税されます。補足として、エコカーと呼ばれる電気自動車や天然ガス自動車、ハイブリッド車などは非課税となっています。

自動車税(種別割)

自動車税(種別割)の金額はエンジンの排気量によって決められています。こちらは、車の購入時だけでなく、毎年4月1日に車を所有している場合に課せられる税金です。

自動車重量税

車の重量に応じて支払う税金です。初回新規登録で支払った以降は、車検の時に支払うことになります。

保険料

自賠責保険の有効期間は、車検の有効期限より長い期間が必要になります。初回新規登録で支払った以降は、車検の時に支払うことになります。自賠責保険は強制加入ですが、任意の自動車保険にも加入される方が多くいらっしゃいます。

毎年必要な車の維持費

次は、毎年必要となってくる車の維持費についてです。こちらにはライフスタイルによって変わりますので特に載せませんが、よくドライブで遠出されるのであれば、高速代も必要ですし、駐車場を借りるのであれば、駐車場代も維持費として必要になってきます。

燃料代(ガソリン・電気等)

車を走行させるために必要なのがガソリンや軽油の費用です。電気自動車なら電気代になります。燃費の良い車のほうが、燃料代は安く抑えることができます。

自動車税(種別割)は、初期費用の項目でも書きましたが、毎年4月1日に課せられますので、毎年必要になってきます。また、毎年ではありませんが、重量税と自賠責保険料は車検ごと(初回は3年後、それ以降は2年ごと)に必要になってきます。

あなたの愛車はいくら??

普通車・軽自動車の維持費比較

普通車と軽自動車の維持費の比較をしてみたいと思います。燃料費や高速代などは、乗る人によって異なってくるものですので、比較しやすい税金や保険料などで比べてみたいと思います。

普通車・軽自動車の維持費の違いはどこにある?

費用の違い

普通車と軽自動車の維持費の違いがよくわかるのは、自動車税(種別割)、や自動車重量税、保険料となっています。

【自動車税(種別割)自家用】

軽自動車 10,800円
普通自動車 1リットル以下 2,500円
1リットル越~1.5リットル 30,500円
1.5リットル越~2リットル 36,000円
2リットル越~2.5リットル 43,500円
2.5リットル越~3リットル 50,000円
3リットル越~3.5リットル 57,000円
3.5リットル越~4リットル 65,500円
4リットル越~4.5リットル 75,500円
4.5リットル越~6リットル 87,000円
6リットル越 110,000円

グリーン化特例の適用を受けない場合の税率

【自動車重量税】

軽自動車重量税(新車新規登録時)(3年自家用)

エコカー 本則税率 エコカー減税適用なし
0円 7,500円 9,900円

普通自動車重量税(新車新規登録時)(3年自家用)

車両重量 エコカー 本則税率 エコカー減税適用なし
0.5t以下 0円 7,500円 12,300円
~1t 15,000円 24,600円
~1.5t 22,500円 36,900円
~2t 30,000円 49,200円
~2.5t 37,500円 61,500円
~3t 45,000円 73,800円

自動車重量税にはエコカー減税措置があり、燃費基準達成具合により税率が異なります

【自賠責保険料】(37ヶ月契約)

軽自動車 普通自動車
27,330円 27,770円

沖縄県、離島以外

自動車保険料(任意)

任意の保険料は、契約内容により異なりますが、普通自動車より軽自動車のほうが安い傾向があるようです。

上記の表を元に、自動車税(種別割)と自動車重量税、自賠責保険料の3つを合計し、軽自動車と普通自動車(排気量1リットル、重量1.2tの場合)の、初期費用としての維持費の違いを見てみます。

  • 軽自動車:45,630円
  • 普通自動車:75,250円

自動車税(種別割)はグリーン化特例の適用前、自動車重量税は本則税率で計算しています。

3つの項目を比べただけですが、軽自動車より普通自動車のほうが初期費用で29,620円も高くなります。更に自動車保険などもプラスとなると、もっと金額の差が広がっていくことになります。

車種別の年間維持費

では次に、具体的に車種名を挙げて、年間に大体どれくらい維持費がかかるのか、比較してみたいと思います。

ホンダ NBOX スバル インプレッサスポーツ
自動車税(種別割) 10,800円 36,000円
自動車重量税 2,500円 7,500円
自賠責保険料 8,900円 9,000円
ガソリン代 65,000円 88,000円
タイヤ代 8,000円 23,000円
合計 95,200 163,500円

インプレッサスポーツは、排気量1,599cc、重量1,300kgで計算
自動車重量税、自賠責保険料、タイヤ代は1年あたり
ガソリン代は、レギュラー145円/L、走行距離10,000km
自動車税(種別割)はグリーン化特例の適用前、自動車重量税は本則税率で計算

軽自動車の年間維持費は約95,200円、普通自動車の年間維持費は約163,500円となり、差は68,300円となっています。やはり軽自動車のほうが維持費は安いことがおわかりいただけたと思います。

4WDの場合の維持費の違いはあるか

では、同じ車種でも2WDと4WDとでは維持費の違いはあるのか見ていきたいと思います。

4WDとは…

4WDとは、四輪駆動とも呼ばれ、エンジンから4つの車輪すべてに動力が伝わっています。エンジンから動力が伝わるタイヤが2つのものを2WDと呼び、2WDは市街地の走行に向いています。

反対に4WDは、山道や雪道、悪路を走るのに適した車になります。しかし、すべてのタイヤに動力を伝えるためのパーツを積む必要があるため、車両の重量が重くなってしまいます。また、車両本体価格も、同じ車種であっても2WDより4WDのほうが高くなっています。

では、2WDと4WDのメリット・デメリットをわかりやすく表にまとめてみました。

2WD 4WD
メリット デザイン性に影響しない
燃費が良い
4WDより車両価格が安い
山道や悪路で力を発揮
アウトドアの趣味にピッタリ
走行時に安定性がある
デメリット 悪路走行に不向き 車両価格が高い
燃費があまり良くない

上記のように、2WDは主に市街地を走行する人に向いてる車になり、4WDは、豪雪地帯に住んでいたり、アウトドアが趣味でよくオフロードを走る人に向いていると言えるでしょう。

4WDを選んだ場合の維持費

前述のホンダN-BOXとスバルインプレッサスポーツで比較してみると、車購入時に2WDではなく4WDを選んだ場合、車両本体価格が4WDのほうが高いので初期費用は4WDのほうが高くなります。また、維持費も、燃費は4WDのほうが悪いですし、重量も4WDのほうが重いので重量税なども高くなり、必然的に4WDのほうが維持費は高くなります。

2WDと4WDの車両本体価格の比較

2WD 4WD(AWD)
ホンダ N-BOX G 1,428,900円 1,562,000円
スバル インプレッサスポーツ1.6i-L 2,002,000円 2,222,000円

2WDと4WDの燃費の比較(WLTCモード)

2WD 4WD(AWD)
ホンダ N-BOX G 21.2km/L 19.8km/L
スバル インプレッサスポーツ1.6i-L 14.1km/L 13.5km/L

2WDと4WDの車両重量の比較

2WD 4WD(AWD)
ホンダ N-BOX G 950kg 1,000kg
スバル インプレッサスポーツ1.6i-L 1,300kg 1,360kg

同じ車種でも2WDより4WDのほうが維持費はかかってしまいますが、アウトドアが趣味の人は4WDのほうが楽しめるでしょうし、住んでる場所が豪雪地帯などの場合も、4WDを選ぶのが良いかと思います。

また、夏は2WD、雪のシーズンは4WDと使い分けたい人は、手動で2WDと4WDを選択できるパートタイム4WDを購入するのも良いかもしれません。4WDのパワフルな走りを備えたまま燃費を良くした4WD仕様のハイブリッドカーもありますので、4WDで維持費を抑えたい人には向いていると言えるでしょう。

まとめ

以上、普通自動車と軽自動車の維持費の比較や、同じ車種でも4WDの場合の維持費等をご紹介させていただきました。車は多くの人にとって必需品と言えますが、維持費はできるだけ抑えたいものです。

車には色々な経費がかかってきますので、トータルすると想像以上に多くなっていることもあります。

何も考えずに維持費を払うのはもったいないので、車選びに迷った際は、できるだけ維持費のかからない車を選んでみてはいかがでしょうか?

買取保証!

-自動車関連コラム
-,

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!