書類を書く人

軽自動車の廃車手続きは自分で出来る?【詳しい手順を解説】

今回、たまたま普通自動車軽自動車を廃車にする機会があったので、自分で廃車手続きをやってみました。業者に任せるのと、自分で行うのはどっちが良いのか??全て終わった後に個人的な感想を公開します。

なるべく分かり易く解説するために一時抹消登録と永久抹消登録、解体返納の3パターンに分けて手続きの流れを書いてみました。

廃車にする自動車はわたくし個人の使用していたものになります。
車の使用状況としましては、【自動車ローン返済完了】【所有者、使用者ともにネコ店長自身の名義】【名義や住所の変更等無し】といった感じになります。

引っ越しや名義が変わっている場合など、必要書類が変更になりますのでしっかりと確認しておきましょう。
また、自分で手続きを行う場合の解説動画も下記にてご用意しています☆

簡単に言うと、廃車をするときに車検証に登録した情報が変わっていると必要書類が増えるということです☆
ネコ店長

もちろん、平日はお仕事などで忙しい方でも簡単に廃車ができる方法もありますよ!!

必ずどんな車も0円以上で買取ります

一時抹消登録の手続きを自分でする場合

では早速、実際に廃車手続きを自分で行った際の手順を詳しくご紹介していきます。

一時抹消登録(自動車検査証返納届)の手続きには事前に準備が必要なものから軽自動車検査協会内にて入手するもの、とありますのでその点についても詳しくご紹介していきます★☆

ステップ1. 必要書類の準備をしよう

まず、一時抹消手続きに必要な書類を集めましょう!手続きをするための必要書類は以下のものになります。

一時抹消手続きに必要なもの
  • 自動車検査証(車検証)
  • 認印
  • ナンバープレート前後2枚

次に、軽自動車検査協会に行った際に配布されているものになりますので、下記の書類は手続き当日の準備で大丈夫です。
書類を入手したら、窓口付近にある見本等を確認しながら必要事項を記入していきます。

軽自動車検査協会に行った際に入手できるもの
  • OCRシート第4号様式(軽自動車検査証返納確認書付き)
  • 軽自動車税申告書

OCRシート第4号様式(軽自動車検査証返納確認書付き)の見本はコチラ
軽一時抹消登録申請書4 軽一時抹消登録申請書42

参照元軽自動車検査協会

軽自動車検査協会内の手数料納付窓口にて自動車検査証返納証明書交付申請手数料が350円かかります。

車検証を紛失してしまった!?対処法をご紹介

車検証は免許証同様、車に乗せておくか、運転時は常に携帯していなければ交通違反となってしまうのです。

車検証は大半の方が車のグローブボックス保管している方が多く、無くしてしまったかもしれない!と思ったら一度グローブボックスを確認してみましょう!それでも見当たらない場合、廃車手続きを行う場合は車検証が必ず必要となりますので、紛失した場合は再発行してもらいましょう

車検証の再発行に必要なもの

では車検証の再発行を行うのに必要となる書類をご紹介します。

車検証の再発行するには再交付申請手数料として300円が必要となります。また、車検証が汚れてしまったりしている場合などはその汚損した車検証も運輸支局に持参しましょう。

車検証の再発行に必要なもの

  1. 使用者の委任状(使用者の認印が押してあるもの)
  2. 理由書(使用者の認印が押してあるもの)
  3. 申請者の身分証明書
  4. 手数料納付書(再発行手数料300円)
  5. 申請書(OCR第3号様式)

申請書(OCR第3号様式)は運輸支局窓口にて配布しています。

※車検証を再発行する際の注意点

上記の申請書(OCR第3号様式)は国土交通省などホームページでダウンロードが可能となっていますが、一般家庭に多く普及しているインクジェットプリンターを使用したものは利用できないなどの制約があるため運輸支局での配布を受けることをお勧めしています。

ステップ2. ナンバープレートを返却しよう

必要書類を準備し、軽自動車検査協会内のナンバー返納窓口へナンバープレートの返却を行います。

管轄の軽自動車検査協会については、コチラの軽自動車検査協会の全国の事務所・支所一覧で探せます。

ステップ3. 軽自動車検査協会窓口に書類一式を提出!

ナンバープレートの返納を終えたら、揃えた書類一式を軽自動車検査協会窓口へ提出します。

窓口へ提出する書類
  • OCRシート第4号様式(軽自動車検査証返納確認書付き)
  • 自動車検査証(車検証)
  • 軽自動車税申告書

書類に不備がなければ「自動車検査証返納証明書」と「軽自動車検査証返納確認書」をもらえます。

これで一時抹消登録は終わりです!
ネコ店長

一時抹消登録が終わったら申告を忘れず!

一時抹消が終わりましたら軽自動車検査協会内の自動車税事務所に行きましょう!一時抹消登録が完了したことを申告しておくと翌年からの軽自動車税を止めることができますので忘れずに!

ステップ1で準備した軽自動車税申告書を税申告窓口に提出します。

永久抹消登録の手続きを自分でする場合

一時抹消登録とは違い永久抹消登録(解体返納)は、車の解体を行ってから手続きを行います。こちらも一時抹消の時と同様に、手続きには事前に準備が必要なものから軽自動車検査協会内にて入手するもの、とありますのでその点についても詳しくご紹介していきます

ネコ店長の車はこの永久抹消登録を行いましたので、まず最初に解体業者さんを探し、車の解体してもらう必要があります。
ネコ店長

ステップ1:必要書類を集めよう

では、永久抹消登録の手続きに必要な書類を集めます。手続きをするために必要書類は以下のものになります。

永久抹消手続きに必要なもの
  • 自動車検査証(車検証)
  • 認印
  • 解体通知書(解体業者さんからもらえます)
  • ナンバープレート前後2枚

次に、軽自動車検査協会に行った際に配布されているものになりますので、下記の書類は手続き当日の準備で大丈夫です。
書類を入手したら、窓口付近にある見本等を確認しながら必要事項を記入していきます。

軽自動車検査協会に行った際に入手できるもの
  • OCRシート第4号様式の3
  • 軽自動車税申告書

OCRシート第4号様式の3の見本はコチラ

軽永久抹消登録申請書4-3

参照元軽自動車検査協会

解体業者さんにもらえる解体通知書とは?

永久抹消登録は一時抹消とは異なり、車の解体が済んでから行う手続きとなっております。解体業者に依頼し解体が済むと解体通知書というものがもらえます。

解体通知書とは使用済自動車の解体処理が完了したこと示す「解体報告記録日」等の情報が記されており、web上で解体が済んだかの確認が”自動車リサイクルシステム”でできます。

永久抹消手続きをするには解体通知書が必要となりますので覚えておきましょう。解体通知書と一緒にナンバープレートを受け取り軽自動車検査協会に向かいます。

ステップ2:ナンバープレートを返却する

必要書類を準備し、軽自動車検査協会内のナンバー返納窓口へナンバープレートの返却を行います。

管轄の軽自動車検査協会については、コチラの軽自動車検査協会の全国の事務所・支所一覧で探せます。

ステップ3: 軽自動車検査協会窓口に書類一式を提出!

ナンバープレートの返納を終えたら、揃えた書類一式を軽自動車検査協会窓口へ提出します。

窓口へ提出する書類
  • OCRシート第4号様式の3(移動報告番号、解体報告記録がなされた日を記入・捺印したもの)
  • 自動車検査証(車検証)

提出した書類一式に不備がなければ、以上で永久抹消登録の手続きが完了です。

お疲れ様でした!
ネコ店長

永久抹消登録が終わったら申告を忘れず!

永久抹消が終わりましたら軽自動車検査協会内の自動車税事務所に行きましょう!永久抹消登録が完了したことを申告しておくと翌年からの軽自動車税を止めることができますので忘れずに!

【ステップ1】で準備した軽自動車税申告書を税申告窓口に提出します。

解体届出とは?一時・永久抹消との違いについて

解体届出とは、一度自動車検査証返納届(一時使用中止)の手続きを行い、その後、軽自動車をスクラップ(解体)にした場合に必要となる手続きで、その手続きのことを「解体届出」といいます。

こちらも一時抹消・永久抹消の時と同様に、手続きには事前に準備が必要なものから軽自動車検査協会内にて入手するもの、とありますのでその点についても詳しくご紹介していきます

ステップ1. 必要書類の準備をしよう

では、解体届出の手続きに必要な書類を集めます。手続きをするために必要書類は以下のものになります。

解体届出に必要なもの
  • 使用済自動車引取証明書

次に、軽自動車検査協会に行った際に配布されているものになりますので、下記の書類は手続き当日の準備で大丈夫です。
書類を入手したら、窓口付近にある見本等を確認しながら必要事項を記入していきます。

軽自動車検査協会に行った際に入手できるもの
  • 解体届出書(第4号様式の3)

使用済自動車引取証明書とは・・・?

使用済自動車引取証明書とは、リサイクル券(預託証明書がA券)に連なっているB券のことです。このB券が使用済自動車引取証明書となっており、解体する車両を業者が引取ったことを証明する書類となっています。

手続きの際は、「使用済自動車引取証明書」に記載されているリサイクル券番号(移動報告番号)の記入が必要となりますので事前に準備をしておきましょう。

ステップ2: 軽自動車検査協会窓口に書類一式を提出!

揃えた書類一式を軽自動車検査協会窓口へ提出します。

窓口へ提出する書類
  • OCRシート第4号様式の3(移動報告番号、解体報告記録がなされた日を記入・捺印したもの)

提出した書類一式に不備がなければ、以上で解体届出の手続きが完了です。

お疲れ様でしたー!!
ネコ店長

廃車手続きは【自分で・依頼】を比較してみた

廃車手続きは自分でしようとすると上記のように、手間と時間、さらに少なからず手数料・交通費等がかかってしまいますよね。

もちろん運輸支局等は基本的には平日しか受付を行っていませんので、お仕事を休むとしてもそれなりにマイナスになることかと思います。

様々な条件を考慮した上でやはり、廃車買取業者に依頼したほうがお得になるわけです。では実際に廃車買取業者へ依頼した際に、どれほどお得になるのかご紹介していきます。

廃車手続きの費用面での比較

廃車手続きを行う場合、注意点としましては業者によっては廃車手続き代行費用がかかる業者もあります。代行費用によっては自分で行なったほうがやはりお得になる場合もございますので、公式ページまたは問い合わせをし、必ず確認するようにしましょう!

廃車にかかる費用 手続き費用 引取り・レッカー費用
ディーラーへ依頼 10,000円~30,000円 走行不可は✕
中古車販売業者 8,000円~(買取価格から相殺) 3,000円~(業者によっては✕)
行政書士に依頼 5,000円~15,000円ほど
自分で廃車手続き 一時抹消登録のみ350円必要 8,000円~15,000円(JAF等)
カーネクストに依頼 0円 0円

※廃車買取業者でも費用がかかる事も!

廃車買取業者だからといって廃車手続きがすべて無料ではありません!業者によって手続の代行費用がかかる業者・引取り費用やレッカーサービスで費用がかかる場合もあります。業者によって条件はそれぞれですので、必ず事前に確認するようにしましょう。

廃車買取業者比較 カーネクスト 廃車買取A社 廃車買取B社
廃車手続き代行費用 無料 5,000円 無料
引取り・レッカー費用 無料 有料(エリア別) 無料(走行可能車に限る)
還付金 還付金あり 還付金あり 代行費用と相殺
合計金額 費用0円(+還付金) 費用5000円以上(+還付金) 費用0円

上記の表のように、廃車買取業者でも廃車手続きの代行が有料であったり、代行費用分を還付金で相殺する場合があったりと条件が異なります。

【結論】廃車手続きは自分でしないで依頼しよう!

廃車をするためには必ず必要となってくる廃車手続きですが、廃車を依頼する業者はかなり重要なのです。

比較でもご紹介しているカーネクストは廃車にかかる費用は一切ありません。ややこしい条件等も無くすべてを丸投げできちゃう安心サービス。

車の状態に関わらずどんな車も0円以上の買取保証。車両の状況問わず引取り可能!となっている頼もしい業者です。

0円以上の買取保証

私、ネコ店長自身もお世話になった事のある業者さんなのでかなりオススメ出来ますよ☆★

まとめ

ネコ店長
普通自動車よりは・・・楽だな。

これが正直な感想です。それでも十分めんどうでしたが・・・。

また、普通自動車と同様に軽自動車検査協会も土日休みでした。働いてる人ってどうやって廃車手続きするんだろ?って思います。ナンバープレートを業者に外してもらうことを考えたら、全て業者さんに任せてしまった方が無難です。

ネコ店長
廃車買取業者に依頼すれば買取もしてくれるので、楽でお得です。

ほんと・・・改めて廃車手続きを代行してくれる業者に依頼して家で待っているほうが楽だと思いました。廃車買取業者はだいたいが引取から手続きまで終わらせてくれるので自分の時間を有意義に使えますよね。

カーネクストに丸投げしちゃいましょう

【都道府県別】廃車を高く売る方法

都道府県別に廃車を高く売るにはどうすればいいのか。車を廃車にするには高く買い取ってもらいたいですよね!そんな廃車買取のノウハウを都道府県別にご紹介しています!

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

© 2021 廃車買取はお得?自分で廃車するなんて勿体ない!