自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

自賠責保険の還付金

自賠責保険の還付金を受取るには?期間と必要な書類について

車を手放す場合、それまでに支払いを行なってきていたお金が還付金として手元に戻ってくる制度があります。

そして、その還付金の中には自賠責保険の解約返戻金も含まれております。

ただ、それには手続きや提出書類が必要になりますので、ここではそれらの情報をご紹介いたします。

廃車の体験談

廃車買取の査定額が0円だった車を20万円に化けた話を公開中!

ヒントは『海外販路』です。

>>実際に廃車を売った話

自賠責保険の還付金とは

還付金

自賠責保険の残り期間がも1ヶ月以上だと、廃車後に手続きをすれば、残りの金額が返金されます。

保険金が戻ってくるということですので、正確には「返戻金」または「解約金」と呼びます。

還付される金額について

この自賠責の還付金は税金の場合と違って、単純に月割りの保険料が戻ってくるわけではありません。

自賠責の還付金に関しては、月割り計算で算出された金額に、解約される時期ごとに設定されている比率(1以下の数字)を掛け算した金額が、実際に手元に返ってくる自賠責の還付金となるのです。

比率が1以下の数字ですので、当然月割計算よりも少なくなりますが、大きく減額されるわけではありませんので、その点はごあんしんください。

保険会社による違い

また、自賠責保険は加入が義務付けられている保険ですので、どこの保険会社でも保険料・返戻金は同じです(本土か離島かなど、地域による違いはあります)。

正確な金額を知りたい場合は、加入されている保険会社に解約予定日を添えて問い合わせれば、還付金の金額の案内を受ける事が可能です。

 

自賠責の還付金を受け取るための手続き

廃車手続き

この自賠責保険の還付金は、車を廃車にすれば自動的に還付されるというものではありませんので、自分自身で手続きを行う必要があります。

自賠責の還付金の受取までの手順

手続きとしては、まず、廃車の手続きが完了している必要があります。

なので、廃車業者に解体してもらっても、運輸支局で抹消手続きをしないと自賠責保険の解約の手続きは出来ませんので注意して下さい。

 

運輸支局で抹消手続きが終わった後、今後は加入している保険会社の窓口で手続きをします。

返戻金は保険の解約にともなって戻ってくるお金ですので、保険の解約は廃車手続きとは別もので保険会社に申し出てはじめて手続きをしたことになります。

つまり廃車手続き完了から保険会社に解約を申し出るまでに期間が空いてしまうと、自賠責保険解約の完了時期も遅れてしまい返金される金額も少なくなるので注意して下さい。

自賠責の解約に必要な書類

自賠責保険の解約手続きに必要な書類ですが、廃車の種類によって微妙にその内容が異なります。

ここではそれぞれのパターンで分類してご紹介いたします。

普通自動車 (永久抹消の場合)

契約した保険会社に「登録事項証明書のコピー」「自賠責保険所の原本」「所有者の認印」以上の3点+振込み口座を所定の用紙に書いて提出します。

普通自動車 (一時抹消の場合)

契約した保険会社に、「一時抹消登録証明書」「自賠責保険所の原本」「所有者の認印」以上の3点+振込み口座を所定の用紙に書いて提出します。

軽自動車

契約した保険会社に、「自動車検査書返納証明書のコピー」「自賠責保険所の原本」「所有者の認印」以上の3点+振込み口座を所定の用紙に書いて提出します。

 

いずれも、通常問題がなければ7~10日後に指定した口座に振り込まれるので、あまりにも遅い場合は保険会社に連絡してみて下さい。

更新日:

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.