自動車を廃車にするときのお助けサイトです。

廃車手続きするなんてもったいない!

廃車手続きの中の解体届出(軽も同じ呼び名)とは?

廃車手続きには種類があり、代表的なもので言えば一時的に所有者情報を抹消する一時抹消登録、車の情報を完全に抹消する永久抹消登録が有名でしょう。

しかし、そのどちらにも属さない解体届出というものがあるのです。

ここでは、この解体届出についてご紹介いたします。

高値で廃車買取させる方法

廃車を高値で買取してもらうには、以下の阻害要因を排除する必要があります。
  • 廃車にかかる手数料
  • 販路が少ない事からくる買取額の低さ
  • 買取できる廃車の範囲が狭い

これを解決するには、上記の問題を全てクリアできている業者を探すのが1番の近道です。

そして、今現在これらをクリアしている業者としてはカーネクストが挙げられます。

カーネクストであれば、手数料は完全無料で、他社よりも10万円も高値になる可能性がある販路を持ち、更に不動車や水没車までも買取可能ですので、廃車買取は基本的にカーネクスト1択と考えるべきでしょう!

カーネクスト公式サイト

解体届出とは

この解体届出とは、2度と車を乗れないようにする手続きです。

これだけみると永久抹消(軽の場合は解体返納)と同じように思われるでしょうが、この2つの手続きの違いは車を解体にする順番が違うだけなのです。

永久抹消登録の場合

まずは永久抹消登録の場合について。

この廃車手続きの場合は、車に乗っている状態から、いきなり解体スクラップを経て、2度と乗れない抹消登録(永久抹消登録)を行う流れとなります。

軽自動車の場合は解体返納。

解体届出の場合

永久抹消登録に対して、解体届出の場合はいきなり解体スクラップへ移行するのではなく、その前に一時抹消登録を挟むことになります。

一時抹消登録で一時的に所有者の情報を抹消している状態の車を、そのまま解体する為に行う手続きがこの解体届出となるのです。

永久抹消登録 解体返納
  1. 車を使用
  2. 解体・スクラップ
  3. 永久抹消登録
  1. 車を使用
  2. 一時抹消登録
  3. 解体・スクラップ
  4. 解体届出

 

 

まとめ

以上をまとめると、所有している車をいったん一時抹消登録したものの、結局今後も乗る予定がなくなり解体する場合に行う手続きが解体届出となります。

なお一度、一時抹消登録を行った車を永久抹消登録で手続きするには、車の再登録を行った後に永久抹消登録という遠回りになる手続きが必要になるのです。

解体届出の制度ができた背景までは不明ですが、おそらくこの遠回りの手続きを簡略化する為に作られた廃車手続きなのでしょう。

更新日:

Copyright© 廃車手続きするなんてもったいない! , 2019 All Rights Reserved.