廃車手続きするなんてもったいない! > 税金が戻ってくる!?

税金が戻ってくる!?

車を所有していると「自動車重量税」と「自動車税」という2つの税金を支払っています。廃車にするとこの税金の過払い金が還付されます。(軽自動車は自動車重量税のみ)名前が似ているので、注意してください。

自動車重量税とは

自動車重量税とは、車検・新規登録の際に自動車の重量等に応じて支払う税金です。国税の一種で、徴収金額の3/4は国の一般財源、残りの1/4は市町村の道路整備財源に使われています。

「自動車重量税とは」詳細はこちら

自動車重量税の還付制度

自動車重量税還付制度とは、自動車重量税の過払い分が戻ってくる制度です。

但し、車検の残りが1ヶ月以内の場合や、自動車リサイクル法に基づく適切な廃棄処分をがされてない場合は還付の対象外です。※ここで言う車検の残り期間とは、『車を解体業者に持って行った日』と『一時抹消登録をした日』のどちらか遅い日の翌日から車検終了時までの期間のことを言います。

「自動車重量税の還付制度」詳細はこちら

自動車重量税還付の受取り方

自動車重量税還付制度を利用するには、永久抹消の手続きをするときに同時に申請します。永久抹消の手続きだけを先に行い、後日、還付申請のみを行うことはできません。また、解体屋から解体された旨の連絡を受けた日から、15日以内に手続きを行わなければなりませんので注意してください。

「自動車重量税還付の受取り方」詳細はこちら

自動車税とは

自動車税とは地方税の一種で、自動車を運転することにより与えてしまう道路へのダメージを修復する為に負担する税金です。自動車を所有していれば強制的に課せられる税金です。

「自動車税とは」詳細はこちら

自動車税が戻ってくる

毎年、4月1日に自動車の所有者に1年分の自動車税の請求がきます。この税金を納めている方が、自動車を廃車にすると残存期間に応じて税金が戻ってきます。

「自動車税が戻ってくる」詳細はこちら

自動車税還付の受取り方

自動車税を還付してもらうための手続きですが、実は特別な申請は必要ありません。廃車の手続きをすると、自動的に自動車税の過払い分が還付される仕組みになっています。

「自動車税還付の受取り方」詳細はこちら