廃車手続きするなんてもったいない! > 手続きの基礎知識 > 解体届出(軽も同じ呼び名)とは

手続きの基礎知識

解体届出(軽も同じ呼び名)とは

解体届出とは、2度と車を乗れないようにする手続きで、一時抹消(軽:自動車検査証返納届)をした後に車を解体にして、最後に廃車にするために行う手続きです。

これだけみると永久抹消(軽:解体返納)と何が違うのか?と思うかもしれませんが、この2つの手続きの違いは、車を解体にする順番が違うだけです。

はじめて廃車について調べる人は、この点の違いがわからず混乱するそうなので、しっかりと違いを確認してください。

■ まとめ

解体届出と永久抹消(軽:解体返納)は、2度と車を乗れないようにするという目的は同じだが、作業の順番が異なる。

○解体届出
一時抹消登録(軽:自動車検査証返納届)

車の解体

運輸局(軽:軽自動車検査協会)で抹消手続き

○永久抹消(解体返納)
車の解体

運輸局(軽:軽自動車検査協会)で抹消手続き